コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルゴン山 エルゴンさんMount Elgon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルゴン山
エルゴンさん
Mount Elgon

ケニアウガンダの国境にある火山。ビクトリア湖北東約 110kmに位置。数個の峰があり,最高峰はワガガイ峰 (4321m) 。火口直径 8km,火口の深さ約 600m。おもに岩片からなり,溶岩は少ない。初登頂は 1911年,オーストリアのローベルト・シュティグラー,ルドルフ・クムンケによる。緩傾斜で,西斜面ではコーヒー,トウモロコシ,バナナなどの栽培が盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エルゴン‐さん【エルゴン山】

Mount Elgon》アフリカ東部、ウガンダとケニアの国境にある山。標高4321メートル。大地溝帯の活動に伴って形成された楯状火山であり、山体基部の直径は約80キロメートル、山頂部はカルデラになっている。キタム洞窟をはじめ、多くの溶岩洞がある。周辺一帯はエルゴン山国立公園に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルゴン山
えるごんさん
Mount Elgon

アフリカ中東部、ウガンダとケニアの国境にある火山。ビクトリア湖の北東に位置する。標高4321メートル。山体基底部の直径約80キロメートル、火口は直径約8キロメートル、深さ610メートルである。標高3300メートル以上には氷河の跡がある。1911年オーストリア人のクマンケとスティクラーが、南東のキタレから初登頂した。[堀 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エルゴン山の関連キーワードルイア族セベイ族グシイ族トロロテソ族ムバレシピ滝ギス族信行

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android