エル・シッド(英語表記)El Cid

  • えるしっど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1043頃.ブルゴス近郊ビバール
[没]1099.7.10. バレンシア
中世スペインの軍人,名将。本名ロドリーゴ・ディアス・デ・ビバール。 Cidはアラビア語の sid (君主) が語源。傑出した野戦指揮官で,生涯にわたって輝かしい勝利を収めたところから,中世騎士物語に由来する「勝利者」 Campeadorとも呼ばれる。カスティリアの小貴族ディエゴ・ライネスの子。カスティリア王サンチョ2世 (強力王)のもとで軍人としての名声を不動のものとした。サンチョ2世の死後,カスティリア=レオン王アルフォンソ6世 (勇猛王)に仕えて,ムーア人との戦いで名をあげたが,王と衝突して追放された。その後,サラゴサのムーア王国の政治顧問となり,数々の功績をあげた。 1083年王と和解が成立したがすぐに破れた。しかし,87年アフリカのアルモラビド (ムラービト) 朝のスペイン侵入対策に苦慮したアルフォンソは再び彼を側近として帰参させた。ムーア王国におけるアルフォンソの宗主権確立に尽力したが,89年再び宮廷を追われ,以後バレンシア征服にかかった。征服後は王にも等しい地位を築いた。スペインの国民的英雄であることから,彼をテーマにした文学作品も多く,代表的なものにコルネイユの『ル・シッド』 Le Cidがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スペインの国民的英雄。カスティリャ王サンチョ2世に仕え,王の死後各地を放浪し一時サラゴサのイスラム教徒に味方したが,その後イスラム教徒と戦い,英雄的死を遂げた。のち多くの吟遊詩人にうたわれ,13世紀初めには叙事詩《わがシッドの歌》が成立した。
→関連項目バレンシア(都市)ブルゴス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

一一世紀のスペインで、ムーア人からキリスト教文明を護った国民的英雄。武勲詩『わがシッドの歌』でその功績が謳われ、一七世紀にはコルネイユも詩劇『ル・シッド』を書いた。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android