コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンケすい(彗)星 エンケすいせい

百科事典マイペディアの解説

エンケすい(彗)星【エンケすいせい】

現在知られている周期すい星のうち,最も周期の短いすい星。1818年にJ.L.ポンスが発見。J.F.エンケがその軌道を計算で求め,周期約3.3年で太陽のまわりを公転することを見出した。1822年にこのすい星が再び観測され,太陽系に短周期すい星が存在することが確かめられた。
→関連項目エンケ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android