エンシ(英語表記)ensi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンシ
ensi

古代メソポタミアのシュメール都市国家における支配者の称号の一つ。君侯と訳される。かつてはイシャック,あるいはパテシと呼ばれた。古くは神殿の長および世俗の支配者を意味していたようであるが,初期王朝時代末期のラガシュの商業文書では「エンテメナは世俗のエンシであり,エンエンタルジはニンギルス神の神官である」と書かれている。政治改革を志したウル=カ=ギナや多くの彫像を残したグデア (前 21世紀頃) は最も有名なエンシであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のエンシの言及

【シュメール】より

…なおシュメールの歴史における第3の人種要素として,フルリ人と関係のあるスバル人Subareansの存在を指摘する学者もいる。初期王朝期には王を指す称号ルガルlugal(字義は〈大きい人〉)がI期より(〈ウル古拙文書〉),支配者をさす別の称号としてのエンシensi(語源はなお不確定)がIII期に現れ,社会組織がいっそう凝縮的となるとともに,都市国家間の同盟と戦争が繰り返されることとなった。 考古学的にはこの時期の開始は底平上凸(プラノ・コンベックスplano‐convex)煉瓦の使用によって確証されるが,歴史的にはI期(前2800ころ?~前27世紀)は過渡期で,キシュの覇権とシュメール諸都市の都市同盟の時代であった。…

※「エンシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android