コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンジニアリングエコノミー エンジニアリングエコノミー engineering economy

2件 の用語解説(エンジニアリングエコノミーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンジニアリングエコノミー
エンジニアリングエコノミー
engineering economy

企業における各種の工業的,技術的問題の意思決定のために,経済的判断の基準を与える方法。対象は,(1) 新規設備投資案,(2) 現有設備の更新,(3) 加工部品の社内外製作の決定,(4) 加工方法,設備改善,(5) 受注するかどうかの選択,(6) 新製品プロジェクトの評価などに及ぶが,特に設備投資の経済計算に多く利用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エンジニアリングエコノミー【engineering economy】

EEと略称し,経済性工学と訳される。EEとは,技術分野の計画段階で生じる意思決定問題に関して経済的に有利な方策を探し,比較し,選択するための理論と技術を総合したものである。技術分野の決定問題は複数代替案の比較が中心であるため,その本質は比較計算である。この点で伝統的な会計学(特に財務会計)とはその役割が非常に違う。また,投資予算の適正配分など資金配分の問題は,計画に関する意思決定問題ではあるが代替案の比較とは違う手法が中心になるので,今日のEEでは通常扱わない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エンジニアリングエコノミーの関連キーワードEE原子核工学経済性工学インダストリアルエンジニアリングEEカメラEEカミングズフランスの容器包装リサイクルliberal arts安全性工学信頼性工学

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone