エンダイブ(英語表記)Cichorium endivia; endive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンダイブ
Cichorium endivia; endive

キク科の一年草または越年して二年草で,キクヂシャともいう。インド原産とされるが不確。高さ 60~90cmで,近縁種チコリによく似ているが葉はあまり裂けない。チコリ同様苦みがあり,生食用野菜とする。日本にはチコリよりも古く渡来した。晩春から初夏に,タンポポに似た形の藍色の頭状花をつける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エンダイブ

キクヂシャとも。東部地中海沿岸の原産といわれ,古くからヨーロッパで栽培されたキク科の野菜。葉はレタスに似るが,ちぢれているものや広葉のものなどいろいろな形がある。葉を包むように縛って軟白し,サラダに用いる。近似種のチコリーとの相違は,一年草で,苦味の少ない点。
→関連項目西洋野菜

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エンダイブ【endive】

キク科の一年草または二年草。ニガチシャ,キクヂシャ,メリケンサラダともいう。原産地は東部地中海沿岸である。古代エジプト,ギリシア時代にすでに栽培されている。日本への導入は古いが,栽培は明治の中ごろからである。縮葉品種系の葉は切れ込みが深く,ちぢれている。広葉品種系の葉は広く,通常切れ込みは浅い。両系とも栽培品種が分化している。一定の高温が続くと花芽ができ,とう立ち,開花する。冷涼な気候を好むので,暖地で秋まき冬どり,高冷地では初夏まき秋どり,両者の中間地では夏まき冬どりされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エンダイブ【endive】

キク科の一年草。地中海東部沿岸原産で、多くの品種があり、生食される。葉は細裂し苦みが強い。根出葉を束ねて内部の葉を軟白してから収穫する。フランス名が「シコレー(chicorée)」のため、しばしばチコリーと混同される。キクヂシャ。ニガヂシャ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンダイブ
えんだいぶ
endive
[学]Cichorium endivia L.

キク科の一、二年草。和名キクヂシャ(菊萵苣)、ニガヂシャ(苦萵苣)。初期は茎は伸びず、長さ10~20センチメートルの葉が重なって生える。葉形は品種によってさまざまで、色も緑から黄緑まで変異があり、質はもろい。花茎は直立して0.5~1.3メートルになり、径3~4センチメートルの藍(あい)色の花をつける。痩果(そうか)は長さ2~3ミリメートル、径1ミリメートル、灰白色で鱗片(りんぺん)状の冠毛がある。野菜として畑に栽培される。東部地中海沿岸の原産で、古代エジプト・ギリシア時代から栽培された。日本での栽培は明治中期以降である。
 8月に種を播(ま)き、10月ごろ、根出葉が長さ約20センチメートルに発育したら束ね、内部の葉を軟白してから収穫する。軟白しないものは苦味が強い。サラダ用とし、特有の芳香と苦味を伴った風味が賞味される。また、煮物用の品種もある。葉に切れ込みが多くて縮れる縮葉種と、広葉で切れ込みの少ない広葉種に大別され、日本ではおもに縮葉種が栽培される。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android