コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオジシギ オオジシギ Gallinago hardwickii; Latham's snipe

3件 の用語解説(オオジシギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオジシギ
オオジシギ
Gallinago hardwickii; Latham's snipe

チドリ目シギ科。全長 30cm。タシギに似ているが,やや大型で,頭部には黒色の頭側線,過眼線,頬線があり,幅の広い淡黄褐色の頭央線と眉線がある。背面は黄褐色地に黒褐色の縦斑があり,頸には縦斑,胸,脇腹には淡褐色の横斑があり,腹部は白色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オオジシギ

シギ科の鳥。翼長15.5cm。体形,色ともタシギに似る。極東に分布し,日本へは夏鳥として渡来し,おもに北海道東北地方の草原,本州中部の高原で繁殖。地上に浅いくぼみを作って巣とし,普通4卵を産む。
→関連項目シギ(鴫/鷸)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオジシギ
おおじしぎ / 大地鷸
Latham's snipe
[学]Gallinago hardwickii

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。日本で繁殖し、冬はニューギニア島オーストラリアタスマニア島ニュージーランドに渡る。日本には夏鳥として渡来する。全長約30センチメートル、翼長約15センチメートル。体はクリーム色、黒、褐色の複雑なまだら模様で、背を走るクリーム色の縦すじが目だつ。嘴(くちばし)はまっすぐで長い。本州中部以北の草原や高原で繁殖するが、この時期には雄はズビーヤク、ズビーヤクと鳴きながら飛び回り、ガガガ……と大きな尾羽の音を出して急降下するので、カミナリシギの異名がある。渡りのときには平地の水田、ハス田、湿地などにいて、ミミズや昆虫などをあさって食べる。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオオジシギの言及

【ジシギ(地鴫)】より

…チドリ目シギ科のオオジシギとチュウジシギの両種を合わせていう。中型のシギで体はややずんぐりとしている。…

※「オオジシギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オオジシギの関連キーワード青鷸草鷸背高鷸田鷸杓鴫玉鷸鰭足鷸シギ(鷸∥鴫)タシギ(田鷸)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オオジシギの関連情報