コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオソリハシシギ オオソリハシシギLimosa lapponica; bar-tailed godwit

2件 の用語解説(オオソリハシシギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオソリハシシギ
Limosa lapponica; bar-tailed godwit

チドリ目シギ科。全長 37~41cm。黒ずんだ長いが少し上にそり,和名の由来になっている。脚も長くて黒い。夏羽(→羽衣)は頭上に黒斑があり,頭部,胸,腹は赤褐色。背,肩は黒く,淡い赤褐色の斑がある。は灰褐色で,各羽の縁がくすんだ白色。冬羽は背面の各羽が羽軸に沿って灰褐色で,周辺に向かって白くなり,模様をつくっている。頸から胸,脇は淡褐色で,淡い灰褐色の斑が胸に,同色の横縞が脇にある。腹は白い。繁殖地はスカンジナビア半島北部からユーラシア大陸の北極圏を経てアラスカ半島に及ぶ。渡り鳥で,ヨーロッパ西部,アフリカからアジア南部,オーストラリアニュージーランドの沿岸で越冬する。繁殖地はツンドラの草原で,巣は乾燥した地面のくぼみにつくる。昆虫,ミミズ,両生類の幼生,漿果(→液果),種子などを食べる。日本には春秋の渡りの途中に立ち寄り,おもに干潟や河口にすむ。(→渉禽類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオソリハシシギ
おおそりはししぎ / 大反嘴鷸
bar-tailed godwit
[学]Limosa lapponica

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。ユーラシアの北部で広く繁殖して冬は南へ移動し、南半球にまで渡るものもある。日本には旅鳥として春、秋に渡来し、海岸や河口の干潟、入り江にすむ。春には大きな群れをつくる。全長約41センチメートル[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオオソリハシシギの言及

【チュウシャクシギ(中杓鷸)】より

…渡りのときには海岸や河口の干潟,入江,砂浜,干拓地の草生地,海岸に近い水田,磯などにすみ,カニその他の小動物やバッタなどの昆虫を食べる。オオソリハシシギ,ホウロクシギなどと混群をつくり,長い距離を群飛するときには編隊を組む。飛び立つときや飛翔(ひしよう)中にピピピピピピピと鳴くのが特徴。…

※「オオソリハシシギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

オオソリハシシギの関連キーワードプードル[種]カリガネ鯨尺コッカー・スパニエルコヨーテノスリヘラサギボウリングアイベックス采女氏塋域碑

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone