オキシドール(英語表記)oxydol; hydrogen peroxide solution

百科事典マイペディアの解説

オキシドール

殺菌消毒薬。殺菌作用は発生期の酸素による。過酸化水素H2O2の2.5〜3.5%水溶液にフェナセチンなどの安定剤を加えたもの。商品名オキシフル。無色無臭またはオゾン様臭気をもつ液体。そのまま,または希釈し,うがい,洗浄などに用いる。牛乳やクリームの殺菌,器具洗浄,毛髪の色抜きなどにも用いる。
→関連項目うがい薬殺菌剤消毒薬

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オキシドール【oxydol】

過酸化水素H2O2の2.5~3.5W/V%(重量対容量百分率)水溶液に適当な安定剤を加えたもの。過酸化水素水ともいい,商品名オキシフル。弱酸性で軽いオゾン臭のある無色透明の液体で,アルカリ性にすると激しく泡だって分解する。細菌や血液,膿などに触れると,それらに含まれたカタラーゼによって分解され,発生期の酸素が生じる。この酸素は強い酸化力をもち,殺菌作用や創傷に対する清浄作用を現す。これらの作用のうち,殺菌効果はそれほど強くはないが,栄養型の細菌などに対しては生活力を奪う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オキシドール【oxydol】

約3パーセントの過酸化水素を含む無色透明の水溶液。日本薬局方名。傷の消毒・洗浄、口内および喉のどの消毒・洗浄、毛髪の脱色などに用いる。過酸化水素水。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキシドール
おきしどーる
oxydol

過酸化水素水の日本薬局方名で、殺菌消毒剤、漂白剤。過酸化水素を2.5~3.5%含む無色透明の弱酸性水溶液。血液、膿汁(のうじゅう)、組織などに触れるとカタラーゼの作用によって分解し、発生期の酸素を発生して発泡する。この発生期の酸素が殺菌作用、漂白作用を現す。殺菌作用は弱い。創面の消毒のほか、2~10倍に希釈してうがいに用いられる。練製品などの漂白、殺菌に用いられたことがあるが、発癌(はつがん)性のため禁止された。そのほか、毛髪の退色、器具の洗浄などにも用いられる。光によって変化し、熱にも弱いので、遮光して30℃以下で保存する。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオキシドールの言及

【殺菌剤】より

…この薬剤が医療用材料の材質の多様化に対応することができた功績は計り知れない。(8)オキシドール 酸化剤は作用がそれほど激しくないので創傷の殺菌に利用される。オキシドールが代表的である。…

※「オキシドール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オキシドールの関連情報