オストワルト(英語表記)Ostwald,Friedrich Wilhelm

  • Friedrich Wilhelm Ostwald
  • Ostwald, Carl Wilhelm Wolfgang
  • Ostwald, Friedrich Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1853.9.2. ラトビアリガ
[没]1932.4.4. ライプチヒ
ドイツの物理化学者。 1878年ドルパト大学で学位取得後,リガ大学教授を経て,ライプチヒ大学教授 (1887~1906) 。オストワルトの希釈律触媒の電気化学的理論,化学平衡理論,反応速度論など,物理化学の基礎を据えた。また 1902年のアンモニアから硝酸を生成する新しい方法はのちの産業に重大な影響を与えた。晩年の色彩論の研究 (オストワルトの色票系) も知られている。原子を否定しエネルギー一元論を唱えるその科学思想は,『一般化学教程』 Lehrbuch der allgemeinen Chemie (2巻,85~87) をはじめとする多くの書を通じて大きな影響力をもった。ほかに科学古典"Ostwalds Klassiker"の編集,物理化学雑誌"Zeitschrift für physikalische Chemie"の創刊 (87) にも活躍。 09年ノーベル化学賞受賞。長男の K.W.W.オストワルトはコロイドに関する研究に貢献した物理化学者。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ドイツの物理化学者。リガの生れ。リガの工業大学教授を経て,1887年ライプチヒ大学教授。アレニウスの電離説を実験的に確認し,オストワルトの希釈律を確立。アレニウス,ファント・ホフらとともに物理化学を開拓。工業面では硝酸製造法(オストワルト法)を発明。1909年化学平衡反応速度触媒作用に関する研究に対しノーベル化学賞。また化学教育の普及にも努め《化学の学校》など多くの著書がある。晩年には色彩論の研究なども行い,哲学的思考にも頭,エネルギー論的一元論を主張した。長子のウォルフガング・オストワルト〔1883-1943〕はコロイド化学者。→オストワルト表色系
→関連項目エネルギー論

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1853‐1932
ドイツの化学者。ラトビアのリガの生れ。父親は桶造りを営んでいた。ドルパト大学で化学を修めて学位を得,リガ工業大学の化学教授,ライプチヒ大学の物理化学教授を歴任。1870年代から20世紀初頭にかけて物理化学の建設に大きな役割を果たし,1909年にノーベル化学賞を受けた。オストワルトの最初の研究はJ.トムセンによる酸の親和力に関する研究と関連するもので,種々の酸と塩基の間の化学平衡を,溶液密度や屈折率の測定に基づいて研究した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

1853~1932 ドイツの物理化学者。化学親和力と化学平衡の問題を中心に、電解質の電離度、触媒と反応速度などの研究を行い、物理化学の体系化に努力。オストワルト法の創始者。著「化学の学校」は化学入門の名著。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1883年5月27日
ドイツのコロイド学者
1943年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(Friedrich Wilhelm Ostwald フリードリヒ=ウィルヘルム━) ドイツの物理化学者。「オストワルトの希釈律」を発見し、化学平衡、反応速度、触媒作用などを研究。また、「物理化学雑誌」を創刊して、近代物理化学の祖といわれる。(一八五三‐一九三二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

ドイツの物理化学者.当時ロシア帝国領であったラトビアで生まれた.1872年ロシア帝国内のドルパト大学で化学を学び,1875年に卒業,1878年学位を取得.1881年リガ工科大学の教授となり,1887年ドイツで唯一の物理化学教授としてライプチヒ大学に移った.1894年からは研究と雑誌の編集に専念し,1906年の退職後も研究と著作活動を続けた.初期の研究は親和力の定量的評価をめざしたもので,1878年の学位論文では,化学変化に伴う比容積や屈折率などの物理定数の変化を測定することで反応物の相対的な親和力を求めた.さらに1879年には化合物の溶解速度やショ糖(スクロース)転化の反応速度などの動的過程から酸の親和力を求めた.1884年S.A. Arrhenius(アレニウス)の電離説を知り,これを支持,電気伝導度より酸の親和力を決定し,1888年にはモル伝導度の測定から希釈律を導いた.1894年外部物質の存在による化学的過程の促進を触媒作用として定義し,触媒が可逆反応の熱力学的平衡をかえるものではないことをはじめて指摘した.また窒素と水素からのアンモニア合成およびアンモニア触媒燃焼による硝酸製造法を開発した.以上の成果により,1909年ノーベル化学賞を受賞.かれは1885~1887年に出版された“一般化学教科書”をはじめ多数の教科書を著し,1887年J.H.van't Hoff(ファントホッフ)とともにZeitschrift für physikalische Chemie(物理化学雑誌)を創刊し,1922年まで編集を行い,1894年電気化学協会を設立し,新しい学問分野である物理化学の確立に対して多大な貢献をした.ライプチヒ大学の研究室からは多くの研究者を輩出した.1890年代からは原子概念を排したエネルギー一元論にもとづく科学の再構成を主張して論争をよんだが,支持を広げることはできなかった.晩年には色彩に関する理論を研究した.

ドイツのコロイド化学者.有名な物理化学者F.W. Ostwald(オストワルト)の長男として,リガに生まれる.1904年ライプチヒ大学で学位を取得.1906年までカリフォルニア大学バークレー校でJacques Loebに師事,帰国後はライプチヒ大学でコロイド研究のかたわら,コロイドの教科書を3冊著し,コロイド学会(Kolloid Gesellsachaft)を創設(1922年),雑誌Kolloid-Zeitschriftの編集長を務めるなど,この学問の組織者として活躍した.主著“失われた次元の世界”(Die Welt der vernachlässigten Dimensionen,1915年)は,コロイド化学の啓蒙に寄与した.コロイドを分散系の概念でとらえ,分散相と分散媒に分けるなど貢献があったが,コロイド粒子を巨大分子とみる立場を否定し,コロイドを,一定の条件下にどのような物質でもなりうる物理的状態とみなした.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオストワルトの言及

【エネルギー論】より

…エネルギー論またはエネルゲティークは,このアトミスティークに対抗して提案されたもう一つの世界観である。 アトミスティークとエネルギー論との論争の最初のきっかけは,1895年にリューベックで開かれたドイツ自然科学者・医師協会総会の席上で,オストワルトが行った,ボルツマンらのアトミスティークを批判する講演であった。主としてこのオストワルトの立場をエネルギー論と呼ぶ。…

【コロイド】より

…すなわち多くのコロイド,たとえばアルブミンなどのタンパク質は結晶化され,一方ほとんどすべてのクリスタロイドはまたコロイドとすることができることが,実験事実として示された。これによりグレアムのいうコロイドは物質固有の性質を示すものではなく,物質がある大きさの微粒子に分散したときの状態を示すものであることが明らかとなり,F.W.オストワルト(1909)は分散度の概念を導入して分散系を表1のように分類した。このようにしてコロイドの概念は,初めグレアムが提案した物質そのものの分類としてではなく,物質のある分散状態を示すものとして確立されることとなった。…

【触媒】より

…しかし,やや神秘的な〈触媒力〉の作用と考えたため,J.vonリービヒやL.パスツールはじめ,多くの化学者の批判を受けることとなった。
[オストワルトの定義]
 19世紀の後半は物理化学の黎明期であった。ショ糖の転化速度を旋光度の変化から追跡し,速度がショ糖濃度に比例することを示した研究(1850)や,エチルアルコールと酢酸との酢酸エチルエステル生成平衡の研究(1862),あるいは化学平衡に熱力学を応用したJ.H.ファント・ホフやJ.W.ギブズの貢献によって,触媒の働きでは平衡値以上に反応を進行させえないという認識が,しだいに一般的になった。…

※「オストワルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android