コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オヒギンス オヒギンス O'Higgins, Ambrosio

5件 の用語解説(オヒギンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オヒギンス
オヒギンス
O'Higgins, Ambrosio

[生]1720頃.アイルランド
[没]1801.3.18. リマ
スペインの商人,政治家,軍人。 1756年アメリカ大陸に渡り,ブエノスアイレスサンチアゴで商人として活躍。のち軍隊に入って,アウルカノ族との戦闘に軍功を立て少将に昇進 (1782) 。コンセプシオン知事 (86~88) ,チリ総督 (88~96) を経てペルー副王 (96~1800) となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

オヒギンス
オヒギンス
O'Higgins, Bernardo

[生]1778.8.20. チヤン
[没]1842.10.24. リマ
チリの軍人,政治家。建国の父と呼ばれる。父親は A.オヒギンス。リマで教育を受けたのち,イギリスに留学。 F.ミランダと親交を結び,彼の独立革命の思想に共鳴。 1802年帰国して,独立運動を開始。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オヒギンス

チリ独立の英雄,政治家。1810年スペインからの独立運動に加わるが,1814年スペイン軍に敗れてアルゼンチンに亡命。サン・マルティンの支援を得てチリに戻り,1818年独立を宣言。
→関連項目チリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オヒギンス【Bernardo O’Higgins】

1778‐1842
チリ独立の英雄,軍人,政治家。チリ中部チジャン市の名門の生れ。ペルー,イギリスで学び,ベネズエラミランダの影響を受けた。1810年国民評議会が結成されてスペインからの独立運動が起こると,これを支持して南部で挙兵した。傑出した軍人として数々の勝利をおさめたが,同じく独立の英雄カレラJosé Miguel Carreraとの間に確執が生じ,このため14年スペイン軍に敗れ,独立軍はアルゼンチンに亡命した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オヒギンス
おひぎんす
Bernardo O'Higgins Riquelme
(1778―1842)

チリの独立運動指導者。チリに移民した富裕なアイルランドの商人(のちペルー副王)を父にもち、チリ独立を要求する軍人たちの指導者として頭角を現した。1812年の独立評議会結成後、スペイン軍の反撃にあい、アルゼンチンに逃亡した。17年1月サン・マルティンの支援を受けてチリに進撃、18年2月独立を宣言、最高長官(在任1817~23)となったが、独立運動指導者間の内部争いのためしだいに独裁化し、23年クーデターでペルーに追われ、同地で没した。[後藤政子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオヒギンスの言及

【チリ】より

…行政上は北からタラパカ(第1地域とも呼ばれる。以下,順次第13地域まで),アントファガスタ,アタカマ,コキンボ,バルパライソ,サンチアゴ首都圏,ベルナルド・オヒギンスBernardo O'Higgins,マウレMaule,ビオ・ビオBío-Bío,ラ・アラウカナLa Araucana,ロス・ラゴスLos Lagos,アイセンAysén,マガリャネスMagallanes・南極の13の地域からなり,各地域は複数の県(プロビンシア)に分かれている。
【社会,文化】
 住民の多くは白人であるが,この中には先住民(アラウカノをはじめとするインディオ)と白人との混血も含まれている。…

※「オヒギンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オヒギンスの関連キーワードがちり鯛ちり知里ちりんちりん早とちりちちりちりこ星てっちりチリとチリリ豚ちり

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オヒギンスの関連情報