コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフュルス

百科事典マイペディアの解説

オフュルス

映画監督。ドイツ生れ。ウィーンでシュニッツラーの戯曲を演出して名声を得るが,ナチスの台頭にともない,1933年フランスに亡命。その後イタリア,スイスをへてハリウッドで映画を監督した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オフュルス【Max Ophüls】

1902‐57
ドイツ生れのフランスの映画監督。流麗な移動撮影で知られ,また,つねにヒロインの視点に立つ〈女性映画〉の巨匠ともみなされ,J.ルノアールに次いでヌーベル・バーグの作家たちに大きな影響を与えた(例えばジャック・ドゥミー監督の長編第1作《ローラ》(1960)はオフュルスにささげられている)。ウィーンのブルク劇場などでおもにA.シュニッツラーの戯曲を演出して名声を高め,映画にも進出するが,1933年,ナチスが政権につく直前にフランスへ亡命。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オフュルス
おふゅるす
Max Ophls
(1902―1957)

ドイツ出身でフランスを中心に、ドイツ、アメリカで活躍した国際派の映画監督。女性を主人公にした映画に定評がある。ドイツ占領下のザールブリュッケンに生まれ、ウィーンを中心に舞台演出家として活躍した後、1931年に監督デビュー。ナチスの台頭を避けて1933年にフランスに渡り、1936年に国籍を取得。1941年に渡米し、ハリウッドで『風雲児』(1947)、『忘れじの面影』(1948)などを撮る。1950年にフランスに戻り、ダニエル・ダリューを主人公に『輪舞』(1950)、『快楽』(1952)、『たそがれの女心』(1953)の3本の傑作を撮った後、大作『歴史は女で作られる』(1955)を手がけるが、興行的には失敗に終わり、短縮版が公開された。この完全版がよみがえるのは2008年のことである。クレーンを多用した移動撮影は、スタンリー・キューブリックやジャック・ドゥミなどに大きな影響を与えた。映画監督のマルセル・オフュルスMarcel Ophls(1927― )は彼の息子。[古賀 太]

資料 監督作品一覧(日本公開作)

ヨシワラ Yoshiwara(1937)
風雲児 The Exile(1947)
忘れじの面影 Letter from an Unknown Woman(1948)
無謀な瞬間 The Reckless Moment(1949)
魅せられて Caught(1949)
輪舞 La ronde(1950)
快楽 Le plaisir(1952)
たそがれの女心 Madame de...(1953)
歴史は女で作られる Lola Monts(1955)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オフュルスの関連キーワードヌーベル・バーグローラン カンテフランス映画アルドリッチモーパッサン

オフュルスの関連情報