コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウント カウントcount

翻訳|count

3件 の用語解説(カウントの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カウント(count)

[名](スル)
数をかぞえること。また、その数。「発売枚数をカウントする」
野球で、「ボールカウント」または「アウトカウント」の略。

㋐プロボクシングで、選手がダウンしたとき、審判が1から10までその秒数をかぞえること。
㋑プロレスリングで、フォールされた選手の両肩がマットについたり、反則が行われたりしたときに、審判がその秒数をかぞえること。
放射線量の単位の一。ガイガーミュラー計数管などによる計数。ふつう毎分の計数(カウント数)で表し記号にcpmを用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

カウント【count】

( 名 ) スル
数を数えること。 「入場者数を-する」
スポーツで、得点や時間を数えること。また、その数値。
ガイガー-ミュラー計数管で測った単位時間当たりの放射線粒子の数。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カウント
かうんと
count

放射線の量を測定する単位の一つ。ガイガーミュラー計数管やシンチレーション計数管で計数する放射線の数をいい、普通、毎分のカウント数をとってcpm(count per minute)で表す。カウント数はその計数管に固有の尺度であり、物理量を直接的に表すわけではないが、同一実験者が同一状態で測定する場合は、ある程度実用性のある比較の尺度とすることができる。計数管は、飛来する放射線の一部しかとらえられないにもかかわらず、測定器や測定法を統一し、雨や空気中の放射性物質の量を測定する補助手段として用いられる。
 なお、放射能の強さはキュリーで表されるが、1000cpmは約0.01~0.003マイクロキュリーにあたる。[小泉袈裟勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カウントの関連情報