コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数える カゾエル

デジタル大辞泉の解説

かぞ・える〔かぞへる〕【数える】

[動ア下一][文]かぞ・ふ[ハ下二]
数量や順番を調べる。勘定する。「人数を―・える」「指折り―・える」
一つ一つ挙げる。列挙する。「理由は種々―・えられる」
数がそれだけのものになる。「蔵書は五万冊を―・える」
その中の一つに加える。数に入れる。「候補者の一人に―・えられる」
拍子をとって歌う。
「別れの白拍子をぞ―・へける」〈義経記・六〉
[下接句]死んだ子の年を数える隣の宝を数える鼻毛を数える星を数うる如(ごと)し

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

数えるの関連情報