コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトナ カトナ Katona József

4件 の用語解説(カトナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カトナ
カトナ
Katona József

[生]1791.11.11. ケチケメート
[没]1830.4.16. ケチケメート
ハンガリーの劇作家。大学で法律を学び,弁護士の仕事をしながら,劇作,翻訳,またドイツの小説の戯曲化などの活動を行なった。 1814年には悲劇『イェルサレムの滅亡』 Jeruzsálem pusztulásaが好評を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カトナ
カトナ
Katna; Qatna

中部シリア古代都市ホムスの北東 16km,オロンテス川の東にあり,現アルマシャラファ。 1927~29年フランスの調査隊が発掘した。先史時代から居住の跡があり,前2千年紀の前半に発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カトナ【Katona József】

1791‐1830
ハンガリーの劇作家。大学時代に演劇の世界に触れ,数年役者として舞台も踏む。1811年最初の翻訳劇が,やがて騎士物の翻案劇やオリジナル戯曲が上演される。しかし支配階級と民衆の葛藤といった重いテーマは大衆の支持を得られず,20年故郷に戻り,弁護士としての後半生を送る。代表作の愛国史劇《バーンク・バーン》(1821)は,彼の没後真価を認められ,今日でもハンガリー最大の国民劇としてたびたび上演されている。【岩崎 悦子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カトナ
かとな
Katona Jzsef
(1791―1830)

ハンガリーの劇作家。青年時代からハンガリーの劇団に身を投じ、俳優のかたわら、ドイツの小説や戯曲をハンガリーの作品に翻案していたが、やがて悲劇『イェルサレムの滅亡』などオリジナルに手を染めた。『バーンク・バン』は他国民支配を風刺する悲劇で、1820年上演の予定であったが、許可が出ず、同年故郷のケチケメートに戻り弁護士となった。没後その真価は認められ、国民劇として今日でもしばしば上演されている。[岩崎悦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カトナの関連キーワードショインカ劇作オーストリアハンガリー帝国劇作家ハンガリー狂詩曲ハンガリー幻想曲ハンガリー田園幻想曲ハンガリー舞曲集ハンガリー国立バレエ団ハンガリー岩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カトナの関連情報