コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトナ Katona József

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カトナ
Katona József

[生]1791.11.11. ケチケメート
[没]1830.4.16. ケチケメート
ハンガリーの劇作家。大学で法律を学び,弁護士の仕事をしながら,劇作,翻訳,またドイツの小説の戯曲化などの活動を行なった。 1814年には悲劇『イェルサレムの滅亡』 Jeruzsálem pusztulásaが好評を博した。彼は常に支配階級と民衆間の闘争に関心を寄せ,悲劇『バーンク・バーン』 Bánk Bán (1815) はその集大成であるが,生前に上演は認められなかった。

カトナ
Katna; Qatna

中部シリアの古代都市。ホムスの北東 16km,オロンテス川の東にあり,現アルマシャラファ。 1927~29年フランスの調査隊が発掘した。先史時代から居住の跡があり,前2千年紀の前半に発展した。シュメールの女神ニンエガルに捧げた神殿が発見され,ウル第3王朝の円筒印章や,エジプトのアメンエムヘト2世の娘イタによってつくられたスフィンクスなども出土している。前 1375年ヒッタイトに滅ぼされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カトナ【Katona József】

1791‐1830
ハンガリーの劇作家。大学時代に演劇の世界に触れ,数年役者として舞台も踏む。1811年最初の翻訳劇が,やがて騎士物の翻案劇やオリジナル戯曲が上演される。しかし支配階級と民衆の葛藤といった重いテーマは大衆の支持を得られず,20年故郷に戻り,弁護士としての後半生を送る。代表作の愛国史劇《バーンク・バーン》(1821)は,彼の没後真価を認められ,今日でもハンガリー最大の国民劇としてたびたび上演されている。【岩崎 悦子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カトナ
かとな
Katona Jzsef
(1791―1830)

ハンガリーの劇作家。青年時代からハンガリーの劇団に身を投じ、俳優のかたわら、ドイツの小説や戯曲をハンガリーの作品に翻案していたが、やがて悲劇『イェルサレムの滅亡』などオリジナルに手を染めた。『バーンク・バン』は他国民支配を風刺する悲劇で、1820年上演の予定であったが、許可が出ず、同年故郷のケチケメートに戻り弁護士となった。没後その真価は認められ、国民劇として今日でもしばしば上演されている。[岩崎悦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カトナの関連キーワードハンガリー演劇ハンガリー文学ロッキー山脈チムー文化ネゴンボ東欧演劇

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カトナの関連情報