コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトー[大] カトー

百科事典マイペディアの解説

カトー[大]【カトー】

古代ローマの将軍,政治家,文人。大カトーCato Majorと呼ばれ,第2次ポエニ戦争で活躍。またコンスルケンソル戸口総監)に就任した。中小農民の保護と反カルタゴ政策を主張した保守主義・国粋主義者の代表。
→関連項目カトー[小]スキピオ[大]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カトー[大]【Marcus Porcius Cato Censorius】

前234‐前149
ローマの政治家,文筆家。曾孫と区別して大カトーCato Majorと称される。イタリアのトゥスクルムの地方地主の家に生まれ,清廉さと弁論の才能によってローマの支配層に入り,元老院議員になった。前195年にはコンスル(執政官),前184年にはケンソル(戸口総監)に選ばれた。彼の政治理念は,古いローマの伝統を重んじ,その質実剛健な気風を復興することで,多くの政治家を腐敗の罪で告発し,ケンソルの職にあった時には数名の議員を元老院から追放した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカトー[大]の言及

【農事暦】より

…また前5世紀末の歴史家トゥキュディデスの編年体(《戦史》)の準拠する四季の巡回も,春の穀物生育過程(〈麦の穂の熟れたころ〉のように)によっているが,これは戦争もまた農事暦を顧みて実行されていたことを告げている。 初期のローマにも農事暦が存在していたことは,大カトー(前2世紀)の《農業論》の随所にうかがわれる。ここには四季の目印の指定はないが四季ごとの農事と祭礼の次第が詳記されている。…

※「カトー[大]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カトー[大]の関連キーワードスキピオ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android