コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナムグラ(葎草) カナムグラ Humulus scandens (Lour.) Merr.

1件 の用語解説(カナムグラ(葎草)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カナムグラ【カナムグラ(葎草) Humulus scandens (Lour.) Merr.】

路傍や河原などの荒地に繁茂するアサ科の一年生のつる草(イラスト)。東アジアの暖帯から亜熱帯に広く分布する。つる性の茎は数mに及ぶ。茎と葉柄には逆向きの小さなとげがあり,他の植物にまつわりつくのに役立っている。葉は掌状に5~7裂し,長さ5~15cm,両面にざらざらした毛がある。雌雄異株で,性染色体が分化している。花期は8~9月。雌花は大きな苞につつまれ,松かさ状。雄花は円錐花序につき,花被片5枚。果実はレンズ形で直径約5mm,ウズラの卵の模様に似た斑紋があり,黄褐色で上方に微毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カナムグラ(葎草)の関連キーワードズッキーニ長元坊庭埃野漆河原柴胡河原菅馬尾藻アサルーデラル岩

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone