コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナムグラ(葎草) カナムグラHumulus scandens (Lour.) Merr.

世界大百科事典 第2版の解説

カナムグラ【カナムグラ(葎草) Humulus scandens (Lour.) Merr.】

路傍や河原などの荒地に繁茂するアサ科の一年生のつる草(イラスト)。東アジアの暖帯から亜熱帯に広く分布する。つる性のは数mに及ぶ。茎と葉柄には逆向きの小さなとげがあり,他の植物にまつわりつくのに役立っている。葉は掌状に5~7裂し,長さ5~15cm,両面にざらざらした毛がある。雌雄異株で,性染色体が分化している。花期は8~9月。雌花は大きな苞につつまれ,松かさ状。雄花円錐花序につき,花被片5枚。果実はレンズ形で直径約5mm,ウズラの卵の模様に似た斑紋があり,黄褐色で上方に微毛がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

カナムグラ(葎草)の関連キーワード路傍

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android