コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニチドリ カニチドリ Dromas ardeola; crab-plover

2件 の用語解説(カニチドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニチドリ
カニチドリ
Dromas ardeola; crab-plover

チドリ目カニチドリ科。全長 33~36cm。黒いは体の大きさに不釣り合いなぐらい大きい。形も太くて鋭く,まっすぐに伸び,カニをとって食べるのに適している。灰黒色の脚も長い。背中とは黒く,体のほかの部分は白色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カニチドリ
かにちどり / 蟹千鳥
crab plover
[学]Dromas ardeola

鳥綱チドリ目カニチドリ科の鳥。1科1属1種。ペルシア湾沿岸、インドスリランカの沿岸、アンダマン諸島アフリカの紅海南部、タンザニア東部の沿岸などインド洋に面した海岸に分布している。全長35センチメートル。全身白色で背と翼が黒色。嘴(くちばし)は頑丈で黒色をしている。餌(えさ)は海岸にすむ甲殻類や軟体動物で、ことにカニ類を好んで食べる。非常に逃げ足が速い。群れをつくる性質が強く、コロニーをつくって繁殖し、海岸の砂丘に奥行1.5メートルほどの穴を掘って巣をつくり、白色の1卵を産む。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カニチドリの関連キーワード鵤千鳥川千鳥小千鳥白千鳥友千鳥千鳥目目大千鳥チドリ(千鳥)カニチドリ(蟹千鳥)ヒバリチドリ(雲雀千鳥)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone