コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニチドリ カニチドリDromas ardeola; crab-plover

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニチドリ
Dromas ardeola; crab-plover

チドリ目カニチドリ科。全長 33~36cm。黒いは体の大きさに不釣り合いなぐらい大きい。形も太くて鋭く,まっすぐに伸び,カニをとって食べるのに適している。灰黒色の脚も長い。背中とは黒く,体のほかの部分は白色。チドリ科に近縁であるが,解剖学上の特異性から 1科 1属 1種に分類されている。チドリ類と違って集団繁殖し,砂の土手に 1.2~2mの深さのトンネル状の巣穴を掘る。産卵数も 1個,まれに 2個である。夜行性で,採食時にも大きな群れになり,カニを好んで食べる。インドから西のインド洋の沿岸や島々に生息し,ペルシア湾アラビア半島紅海ソマリア周辺で繁殖する。おもに留鳥だが,繁殖を終えると南はタンザニアマダガスカル,東はスリランカアンダマン諸島あたりまで生息域が広がる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カニチドリ
かにちどり / 蟹千鳥
crab plover
[学]Dromas ardeola

鳥綱チドリ目カニチドリ科の鳥。1科1属1種。ペルシア湾沿岸、インドスリランカの沿岸、アンダマン諸島アフリカの紅海南部、タンザニア東部の沿岸などインド洋に面した海岸に分布している。全長35センチメートル。全身白色で背と翼が黒色。嘴(くちばし)は頑丈で黒色をしている。餌(えさ)は海岸にすむ甲殻類や軟体動物で、ことにカニ類を好んで食べる。非常に逃げ足が速い。群れをつくる性質が強く、コロニーをつくって繁殖し、海岸の砂丘に奥行1.5メートルほどの穴を掘って巣をつくり、白色の1卵を産む。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone