コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カハマルカ Cajamarca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カハマルカ
Cajamarca

ペルー北部,カハマルカ県県都。太平洋岸から約 120km内陸のアンデス山脈中,カハマルカ高原にあり,アマゾン川水系カハマルカ川にのぞむ。標高約 2720m。インカ帝国の古都で,1532年帝国最後の皇帝アタワルパがスペイン人 F.ピサロに捕えられ,幽閉されたのち処刑された地として名高い。周辺の農業地帯の商工業中心地で,穀類,アルファルファ,コーヒー,サトウキビ,家畜などを集散,織物,帽子,皮革製品,金属製品などを製造する。銀などの鉱業も盛ん。市内にはインカの遺跡のほか,大聖堂をはじめとする植民地時代の建築物が多数保存されており,観光業も重要な産業となっている。国立カハマルカ工科大学 (1962) 所在地。近くに温泉がある。ペルー北部のアンデス山中の主要な取引中心地で,太平洋岸のトルヒーヨ,パカスマヨ,チクラヨの各方面へ道路が通じパンアメリカン・ハイウェーと連絡。人口9万 2600 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カハマルカ(Cajamarca)

ペルー北西部、アンデス山脈中の標高2750メートルにある都市。カハマルカ県の県都。1532年、インカ帝国最後の皇帝アタワルパがスペイン人のフランシス=ピサロに捕らえられ、幽閉された地として知られる。先インカ、インカ時代の遺跡、植民地時代の建造物が残されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

カハマルカ【Cajamarca】

ペルー北部山地にある同名県の県都。人口約11万1800(1991)。標高2750mの盆地にあり,酪農製品や,観光,保養の町として有名。町の中心にある教会建築などは,かつてのスペイン植民地時代のなごりをとどめており,付近にはインカ時代以来の温泉もある。1532年スペインの征服者ピサロがインカ皇帝アタワルパと会見した歴史的町であり,この時アタワルパは策略によって捕らえられた。これを機にインカ帝国は征服されることとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カハマルカ
かはまるか
Cajamarca

南アメリカ、ペルー北西部、カハマルカ州の州都。アンデス山脈中の標高2750メートルに位置する。人口10万8009(1998)。織物、皮革、帽子、金属器、酪製品などの伝統工業があり、付近で鉱物資源を産する。1532年スペインのピサロがインカ帝国の皇帝アタワルパを捕らえ、幽閉した所として知られる。インカの遺跡や植民地時代の建造物が多い。インカ時代からの温泉もある。先インカ時代の遺物を多数所蔵する博物館はペルー考古学上もっとも重要な施設の一つである。リウマチの特効薬といわれるユーカリの花の蜂蜜(はちみつ)を産する。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カハマルカの関連キーワードピサロ(Francisco Pizarro)クントゥルワシアンデス文明モヨバンバフランシスインカ文化クンベマヨオトゥスコワリ文化

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カハマルカの関連情報