カハ

デジタル大辞泉プラス「カハ」の解説

カハ

《Kach》1971年結成のイスラエル系極右組織。ユダヤ教ラビ、メイル・カハネが設立。聖書に記された地域からのパレスチナ人の排除、左派ユダヤ人や非ユダヤ教徒の弾圧信条とし、1984年には政党として国会に1議席を得たが、1988年に“人種差別的、反民主主義的政党”であるとして選挙への立候補を禁止され、議席を失う。1994年、ヘブロンでモスク襲撃事件を起こし、分派組織である「カハネ・ハイ」と共に非合法化。1997年10月8日、米国FTOに指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android