カビール(英語表記)Kabīr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カビール
Kabīr

[生]1440. ワーラーナシ
[没]1518. マガール
インドの宗教改革者。私生子として生まれ,両親に捨てられたが,イスラム教徒の織工に養育され,織工として世を終えた。ラーマーナンダに感化され,ラーマ崇拝を継承しながらも,イスラム思想の影響を受け,偶像崇拝を否定し,諸宗教間の区別をも消し去った。みずから「アッラーとラーマの子」と称した。カーストや種族の区別は虚構と考え,現実の世俗生活を肯定し,ヒンドゥー教やイスラム教の儀礼を嫌悪した。カビールは神-人の不一不異の関係を認め,神の愛とそれによる現世からの解脱を説く。ヒンディー語の詩文を残しており,民衆の間に普及した。特に織工の間に信奉者が多い。カビールの信奉者たちはカビールパンティー Kabīrpanthīと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カビール

近世インドの宗教家。ヒンドゥー教のビシュヌ派に属し,ラーマを崇拝し,またイスラムの影響をも受ける。人はすべて神の前で平等であるとし,カーストの区別を否認した。また偶像崇拝を排斥し,諸宗教間の区別も否定する。最高神への信仰帰依のみが救いであると説く。弟子にシク教の祖ナーナクがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カビール【Kabīr】

1440‐1518ころ
インドの宗教家。バラモンの私生児として生まれ,イスラム教徒であるワーラーナシーの貧しい織工の夫婦によって育てられたと伝えられる。正規の教育を受けることがまったくなく,文盲であったが,宗教的に多感な青年時代を過ごすうちに,ヒンドゥー教ビシュヌ派のきわめて一神教的色彩の濃い宗教家ラーマーナンダに師事するようになった。ただ彼は,だからといってヒンドゥー教に改宗したわけではない。彼は,唯一の神へのバクティ(絶対的信愛)を基軸にして,ヒンドゥー教とイスラムを批判的に統合しつつ,まったく独自の一神教を唱えた,いわば宗教改革者であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カビール
かびーる
Kabr
(1440―1518ころ)

北インドの宗教家。バラモンの私生児として生まれ、イスラム教徒の貧しい織工の夫婦の手で育てられたと伝えられる。ヒンドゥー教ビシュヌ派のラーマーナンダに師事しながら、唯一の神への絶対的信愛(バクティ)を機軸にして、ヒンドゥー教とイスラム教を批判的に統合した。彼は、「さまざまな名称でよばれても、神はただ一つである。神は天や寺院にではなく、心のなかに住まいなす。必要なのは神の名を唱え、絶えず心に念ずることであり、沐浴(もくよく)も巡礼も聖典も無用である」と説き、宗教家として特別の生活を送ることはせず、生涯を通して織工であり続けた。彼が創作した膨大な詩の一部は、弟子たちの手で『ビージャク』として編集された。また、シク教の開祖ナーナクが彼から絶大な感化を受けたということから、同教の根本聖典『アーディ・グラント』にも多数収録されている。[宮元啓一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カビールの関連情報