カプリッチョ(英語表記)capriccio

  • 〈イタリア〉capriccio
  • イタリア

翻訳|capriccio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曲種名。「奇想曲」「狂想曲」と訳される。 (1) 17世紀には,初期フーガ形式の一つ。親しみ深い民謡旋律や描写的な音型をテーマとし,形式に束縛されることが少なかった。 (2) 19世紀以後には,ユーモラスな表情や気まぐれな性格をもつ小曲にこの名が用いられた。形式はほとんど3部形式。メンデルスゾーンブラームスらの作品がある。またパガニーニの『24のカプリッチョ』は,気まぐれと思えるほどバイオリンの華麗な技巧を駆使した小曲集。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フランス語ではカプリスcapriceで,奇想曲,狂想曲とも訳す。バロック時代鍵盤(けんばん)音楽で,フーガ的性格をもちながら比較的自由な形式をもつものに使われた。19世紀以降は,気まぐれな性格の器楽小品にこの名称が用いられるようになり,メンデルスゾーンブラームスピアノ小品が書かれた。また,パガニーニ無伴奏のバイオリン練習曲にこの名称を使い,ストラビンスキーのピアノとオーケストラのための《カプリッチョ》のような管弦楽作品もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

器楽曲の名称。カプリスcapriceともいう。〈奇想曲〉または〈狂想曲〉と訳されるが,意味合いは時代により異なる。(1)17世紀のカプリッチョはリチェルカーレやファンタジー(幻想曲)などと共に初期フーガの一形態とみなされるが,比較的形式に拘束されない自由な模倣スタイルを示している。(2)メンデルスゾーンやブラームスなどの気まぐれで生気にあふれたピアノ小品に付けられた名称。【寺田 兼文】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カプリッチョの関連情報