コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプリッチョ カプリッチョ capriccio

翻訳|capriccio

5件 の用語解説(カプリッチョの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カプリッチョ
カプリッチョ
capriccio

曲種名。「奇想曲」「狂想曲」と訳される。 (1) 17世紀には,初期フーガ形式の一つ。親しみ深い民謡の旋律や描写的な音型をテーマとし,形式に束縛されることが少なかった。 (2) 19世紀以後には,ユーモラスな表情や気まぐれな性格をもつ小曲にこの名が用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カプリッチョ(〈イタリア〉capriccio)

《気まぐれの意》形式にとらわれない、快活で諧謔(かいぎゃく)的な楽曲。狂想曲。奇想曲。カプリッチオ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カプリッチョ

フランス語ではカプリスcapriceで,奇想曲,狂想曲とも訳す。バロック時代の鍵盤(けんばん)音楽で,フーガ的性格をもちながら比較的自由な形式をもつものに使われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

カプリッチョ

ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスのドイツ語による全1幕のオペラ(1942)。原題《Capriccio》。台本は名指揮者として知られるクレメンス・クラウス。「クレメンス・クラウスとリヒャルト・シュトラウスによる音楽についての一幕の対話劇」という副題を持つ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カプリッチョ【capriccio[イタリア]】

器楽曲の名称。カプリスcapriceともいう。〈奇想曲〉または〈狂想曲〉と訳されるが,意味合いは時代により異なる。(1)17世紀のカプリッチョリチェルカーレファンタジー(幻想曲)などと共に初期フーガの一形態とみなされるが,比較的形式に拘束されない自由な模倣スタイルを示している。(2)メンデルスゾーンブラームスなどの気まぐれで生気にあふれたピアノ小品に付けられた名称。【寺田 兼文】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カプリッチョの関連キーワードカプリ島楽曲器楽曲曲の物アカプリッチョカプリパンツカプリン酸カプリ・スリム・メンソールディエメ:カプリス 第3番/piano soloカプリオール (capriole)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カプリッチョの関連情報