コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプリッチョ カプリッチョcapriccio

翻訳|capriccio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カプリッチョ
capriccio

曲種名。「奇想曲」「狂想曲」と訳される。 (1) 17世紀には,初期フーガ形式の一つ。親しみ深い民謡の旋律や描写的な音型をテーマとし,形式に束縛されることが少なかった。 (2) 19世紀以後には,ユーモラスな表情や気まぐれな性格をもつ小曲にこの名が用いられた。形式はほとんど3部形式。メンデルスゾーンブラームスらの作品がある。またパガニーニの『24のカプリッチョ』は,気まぐれと思えるほどバイオリンの華麗な技巧を駆使した小曲集。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カプリッチョ(〈イタリア〉capriccio)

《気まぐれの意》形式にとらわれない、快活で諧謔(かいぎゃく)的な楽曲。狂想曲。奇想曲。カプリッチオ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カプリッチョ

フランス語ではカプリスcapriceで,奇想曲,狂想曲とも訳す。バロック時代の鍵盤(けんばん)音楽で,フーガ的性格をもちながら比較的自由な形式をもつものに使われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

カプリッチョ

ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスのドイツ語による全1幕のオペラ(1942)。原題《Capriccio》。台本は名指揮者として知られるクレメンス・クラウス。「クレメンス・クラウスとリヒャルト・シュトラウスによる音楽についての一幕の対話劇」という副題を持つ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カプリッチョ【capriccio[イタリア]】

器楽曲の名称。カプリスcapriceともいう。〈奇想曲〉または〈狂想曲〉と訳されるが,意味合いは時代により異なる。(1)17世紀のカプリッチョはリチェルカーレやファンタジー(幻想曲)などと共に初期フーガの一形態とみなされるが,比較的形式に拘束されない自由な模倣スタイルを示している。(2)メンデルスゾーンやブラームスなどの気まぐれで生気にあふれたピアノ小品に付けられた名称。【寺田 兼文】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カプリッチョの関連キーワードユスティヌス、ア・デスポンサツィオネ・BMV:音楽の労作/piano soloメンデルスゾーン:華麗なロンド 変ホ長調/piano soloフェリシティ ロットキャラクターピースキリ テ・カナワストラビンスキー二十四の奇想曲フローベルガー24の奇想曲ベルガマスクフランス語グアルディ東恵利奈ホッターロカテリ即興曲