コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラテア カラテア Calathea

6件 の用語解説(カラテアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラテア
カラテア
Calathea

クズウコン科の多年草。熱帯アメリカ (ブラジル) 原産で,多くの種類が知られている。葉の支脈に沿って斑紋や色彩の違った斑 (ふ) が入り,美しいものが多い。日本ではトラフヒメバショウ C. zebrinaやゴシキヤバネバショウ C. makoyanaなど約 30種が観葉植物として栽培されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カラテア(〈ラテン〉Calathea)

クズウコン科カラテア属の多年草の総称。熱帯アメリカに分布。観葉植物とし、高さ30~70センチ。葉は細長く、表面に茶褐色や褐色の斑が入り、裏面は紫色や暗赤色。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カラテア

主として熱帯アメリカに原産するクズウコン科の一属で,100種余りからなる多年草。細い葉柄をもった根出葉を束生し,その葉に美しい模様があるので,多くの種類が観葉植物として温室内で栽培されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カラテア【Calathea】

クズウコン科カラテア属の多年草で,熱帯アメリカ,西インド諸島,熱帯アフリカに約150種がある。マランタ属と外形では混同されやすいが,カラテア属の花は仮雄蕊(かゆうずい)が1本で,子房は3室の花を有しているのに対し,マランタ属では仮雄蕊2本,子房1室であり,区別される。ゴシキヤバネバショウ(カラテア・マコヤナ)C.makoyana E.Morr.(イラスト)は広楕円形葉で,黄緑色地に濃緑色の長楕円状斑が入り,裏面も淡赤紫色で美しく,観葉鉢物として普及している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カラテア【Calathea】

熱帯アメリカ原産のクズウコン科の一属。楕円形で美しい斑紋のある葉を叢生する。近縁のマランタ属とともに観葉植物として栽培。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラテア
からてあ
[学]Calathea

クズウコン科の観葉植物。和名ヒメバショウ。マランタ属と同じく葉の美しい色彩と模様を観賞する。この両属はよく混同されるが、花の構造が異なることで区別される。熱帯アメリカを中心にアフリカに100種以上分布する。代表的品種に次のようなものがある。ランシフォリアはこれまでインシグニスとよばれたもので、葉は細長く直立し、濃緑の矢羽根模様が入り、裏面は暗赤紫色。レオパルディーナは淡緑色、長楕円(ちょうだえん)形の葉に濃緑の矢羽根模様が入り、さらに光沢があり、ビューグの名でもよばれる。マコヤナの葉は広楕円形で、表面は淡黄緑色で、ここに濃緑の斑紋(はんもん)が矢羽根状に入り、裏面は紫紅色で表面と同じ模様。ロゼオリネアータは細長い葉に赤みのある線状模様が入る。サンデリアーナは丸みのある葉に同じような模様が入り、いずれも葉裏は暗赤紫色である。このほかゼブリナは大形で長楕円形の葉の表面がビロード状で、暗緑色の矢羽根模様が入る。これと近似の属にクテナンテ、ストロマンテなどがある。栽培は、温室か室内の明るい日陰に置き、冬は12~15℃以上を保ち、すこし湿りぎみに管理する。繁殖は6~7月、株分けによる。[坂梨一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカラテアの言及

【マランタ】より

…8~10℃で越冬する。 近縁のカラテアCalatheaに似ているが,マランタ属ではめしべの子房は1室に退化していて,3室あるカラテア属から区別される。【高林 成年】。…

※「カラテア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カラテアの関連キーワードアロールートクズウコンマランタアゲラタム夏葛葛鬱金ウコンクズシルパス泥炭カラテア属

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラテアの関連情報