コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラー写真 カラーしゃしんcolour photography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラー写真
カラーしゃしん
colour photography

被写体の色彩を再現する写真。フィルムを用いるものでは直接に透明陽画をつくるカラースライドと,カラーネガフィルムから焼き付けるカラープリント(→焼き付け),それにインスタント写真のカラープリントが一般的である。ヤング=ヘルムホルツ三色説を応用して,1855年にイギリスのジェームズ・クラーク・マクスウェルが考案した加色法天然色写真と,デビッド・ブルースターの第2三色説によって,1858年にフランスのルイ・デュコ・デュ・オーロンが提案した減色法天然色写真とを基礎に,発色現像による多層式カラー写真に発展した。多層式カラー写真は,1935年イーストマン・コダックがコダクローム・フィルムとして完成したもので,一回の撮影で同時に三色分解が行なわれ,発色現像により 3乳剤層の 3色素画像が発色する。カラーネガ画像は,自動的に被写体色補正を行なうように仕組まれており,街頭広告などの大型カラー透明陽画は,カラーネガから引き伸ばされたカラープリントの一種である。デジタルカメラで撮影したカラー画像データや,画像データからインクジェットプリンタなどでプリントした写真もカラー写真と呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カラー写真【カラーしゃしん】

天然色写真とも。カラー写真法の原理には,被写体からの光の波長をそのまま写真に記録して再現しようとする直接法と,被写体の色をいくつかの色に分解して写したのち合成して元の色を再現しようとする間接法がある。
→関連項目ネガ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カラーしゃしん【カラー写真 color photography】

肉眼に感ずる被写体の色彩とその明暗の調子を再現する写真。天然色写真ともいう。白黒写真の発明以前からカラー写真の研究はされていたが,後述三原色法が実用化するまでは,写真に直接絵具で着彩する方法で満足するほかはなく,これは初期のダゲレオタイプから行われていた。現在のカラー写真はほとんどが発色現像による多層式カラー写真法を用いたものである。現在でも,正確な色再現には太陽光と人工光などの色温度の違いを配慮し,複数のタイプのフィルム(デーライトタイプとタングステンタイプなど)が必要というめんどうな点を残しているが,家庭などのふつう一般の使用においては,フィルムや現像法が安定し安価にもなったので,今日カラー写真の普及率は飛躍的に増大して従来の白黒写真のほうが特殊化しつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカラー写真の言及

【リップマン】より

…75年,この電気毛管現象の研究によりソルボンヌ大学で学位を取得,86年から同大学の実験物理学教授。1881年干渉現象に基づいたカラー写真を考案,くふうを重ねて91年実験に成功,この研究によって1908年ノーベル物理学賞を受賞した。ほかにもシーロスタット,加速度地震計などの考案もある。…

※「カラー写真」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カラー写真の関連キーワードリップマン(Gabriel Lippmann)8ビットカラー/16ビットカラーエドウィン・ハーバート ランドcolour scannerウィリアム エグルストンcolour printバーンズ・コレクションZIGレッドアイペン多層式カラーフィルムリモート・センシングスペース・レンタル24bitカラージョン ジョリーG. リップマンカラーフィルムニュー・カラー赤外カラー写真カラーブックスカラーペーパープロセス平版

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カラー写真の関連情報