コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリガネ Anser erythropus; lesser white-fronted goose

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリガネ
Anser erythropus; lesser white-fronted goose

カモ目カモ科。全長 53~66cm。マガンに似るが,本種はやや小型で,基部に接する白い額が出っ張り,眼のまわりに黄色の眼輪がある点などが異なる。下腹部が白いほかは,羽色はほぼ灰褐色で,背,,尾,胸腹部は羽縁が淡く,波型の横縞模様をつくっている。また,胸はやや色が淡く,明瞭ではないが,腹部に黒い帯模様がある。嘴は桃色。スカンジナビア半島北部からシベリア北部にかけてのユーラシア大陸の高緯度地域で繁殖する。ツンドラ地帯に巣をつくり,草や草の実,落ち穂などを食べる。繁殖を終えて渡る越冬地は不連続に分布し,ヨーロッパ南東部から黒海にかけての地域と,イラクトルコなどカスピ海の南部,日本や朝鮮半島南部,中国南東部などである。生息数は 2013年現在世界で約 3万羽と少なく,日本で越冬するのはごく少数である。環境省のレッドデータブックでは近い将来絶滅の危険の高い絶滅危惧IB類に指定されている。(→ガンカモ類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カリガネ

カモ科の鳥。翼長38cm。ガン類の1種で,マガンに似るがより小型。成鳥のくちばしはピンク色で短い。ユーラシアの北極圏で繁殖し,冬は南方へ渡る。日本へは数少ない冬鳥として渡来し,おもに水田で落ち穂や雑草を食べる。
→関連項目ガン(雁)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリガネ
かりがね
lesser white-fronted goose
[学]Anser erythropus

鳥綱カモ目カモ科の鳥。北ヨーロッパ、シベリアの北極圏で繁殖し、日本にも少数渡来する。全身暗褐色でマガンに似るが、全長約60センチメートルと小形である。古書に「雁(かり)がね」「かりが音(ね)」「かりが子(ね)」などとあるのは、ガン全体をその声に由来してよんだ名であるが、本種の声はカカカッ、クワカカッと甲高く澄んだよい声で、真の「雁が音」にふさわしい。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカリガネの言及

【マガン(真雁)】より

…飛行中遠方からも聞こえる大声でクワッカカッ,クワッカカッと鳴く。古くはかりがね(雁金)と呼ばれ,現在のカリガネA.erythropusのほうは小雁金と呼ばれていた。天然記念物。…

※「カリガネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カリガネの関連キーワードカリオプテリスカリガネソウガン(雁)ホカケソウ黒田長久エガイ矢筈山帆立草帆掛草山鳥草百千鳥貝塚

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android