コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリガネ カリガネ Anser erythropus; lesser white-fronted goose

3件 の用語解説(カリガネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリガネ
カリガネ
Anser erythropus; lesser white-fronted goose

カモ目カモ科。全長 59cm。頭頸部,背,翼,尾,胸腹部は灰褐色,下腹部は白色。嘴は桃色で,嘴基部に接する前頭部は白い。マガンに似るが,やや小型で,眼のまわりによく目立つ黄色環がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カリガネ

カモ科の鳥。翼長38cm。ガン類の1種で,マガンに似るがより小型。成鳥のくちばしはピンク色で短い。ユーラシア北極圏で繁殖し,冬は南方へ渡る。日本へは数少ない冬鳥として渡来し,おもに水田で落ち穂や雑草を食べる。
→関連項目ガン(雁)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリガネ
かりがね
lesser white-fronted goose
[学]Anser erythropus

鳥綱カモ目カモ科の鳥。北ヨーロッパシベリアの北極圏で繁殖し、日本にも少数渡来する。全身暗褐色でマガンに似るが、全長約60センチメートルと小形である。古書に「雁(かり)がね」「かりが音(ね)」「かりが子(ね)」などとあるのは、ガン全体をその声に由来してよんだ名であるが、本種の声はカカカッ、クワカカッと甲高く澄んだよい声で、真の「雁が音」にふさわしい。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカリガネの言及

【マガン(真雁)】より

…飛行中遠方からも聞こえる大声でクワッカカッ,クワッカカッと鳴く。古くはかりがね(雁金)と呼ばれ,現在のカリガネA.erythropusのほうは小雁金と呼ばれていた。天然記念物。…

※「カリガネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カリガネの関連キーワードマガモ黒雁白雁真雁カナダ雁雁が音灰色雁カモ(鴨)ガン(雁)マガン(真雁)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カリガネの関連情報