コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリ岩塩 カリがんえん sylvite

翻訳|sylvite

3件 の用語解説(カリ岩塩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリ岩塩
カリがんえん
sylvite

KCl。天然に産する塩化カリの結晶鉱物。等軸晶系。比重 1.99,硬度2。岩塩と同形。産状も岩塩と同様であるが,量的には少い。カリ原料となる。ドイツのハルツ地方が産地として著名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カリ岩塩【カリがんえん】

塩化カリウムKClの天然の結晶。岩塩と同様な地質環境ででき,岩塩よりはるかに少ない。等軸晶系。立方体の結晶が多く,まれに八面体。ふつう無色透明だが,ときに灰色,青・黄・赤の淡色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリ岩塩
かりがんえん
sylvite

岩塩鉱床の副成分として産する鉱物。ほかに火山昇華物として産するほか、熱水鉱脈鉱床の脈石を構成する石英中の固体包有物としても産する。岩塩以外に石膏(せっこう)や硫酸マグネシウムの鉱物と共存する。一見、岩塩とは区別しがたいが、ハンマーでたたくと、岩塩はすぐ粉末化するのに対して、カリ岩塩は表面が変形したようになって打撃を吸収し、粉末になりにくい。ドイツのシュタッスフルトは産地として有名。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカリ岩塩の言及

【塩化カリウム】より

…塩化カリ,塩加ともいう。天然にはシルビン(カリ岩塩)として産出,海水中に平均0.08%含まれる。無色で結晶は立方晶系。…

※「カリ岩塩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カリ岩塩の関連キーワード塩化カリウム塩素酸カリウム過塩素酸カリウム銀シアン化カリウムフェリシアン化カリウムフェロシアン化カリウム塩化カリカリ塩沃化カリウムヨウ化カリウム(沃化カリウム)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone