コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロテン carotene

翻訳|carotene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロテン
carotene

タンポポの花,カボチャやトマトの果実,ニンジンサツマイモなどに含まれる黄,オレンジ,赤ないし赤紫色の色素で,カロテノイド炭化水素 (分子式 C40H56 ) 。ベンゼンや石油ベンジンに可溶,メタノールやエタノールに難溶,水に不溶。動物では,脂肪,卵黄,羽毛,貝殻などにみられる。ことに,α-カロテン,β-カロテン,γ-カロテンの3種は異性体で,混合物として存在する場合が多いので,これを単にカロテンということがある。また,カロテンは動物の体内でビタミンAに変えられるが,プロビタミンAとして最も重要なのはβ-カロテンで,1831年にニンジン carrotから初めて単離された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

カロテン

 C40H56 (mw536.87).カロチンともいう.カロテノイドの一種.植物に広く分布する黄色ないし赤色の色素で多くの化合物がある.β-カロテンは,小腸粘膜でビタミンA(レチナール)に変換されるため,ビタミンA活性がある.緑黄色野菜に含まれる.ヒト血清のβ-カロテンの正常値は40〜200μg/dl

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

カロテン【carotene】

カロテノイドのうちの炭化水素の総称。化学式 C40H56 の化合物など。精製したものは暗赤色板状、または柱状の結晶。動物の体内でビタミン A に変わり、視覚・光合成などで重要な機能を果たす。ニンジンやトウガラシに多量に含まれる。カロチン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のカロテンの言及

【カロチン】より

カロチノイド色素の中で生物界に最も広く分布する代表的物質。カロテンとも呼ぶ。分子式C40H56を有する炭化水素。…

※「カロテン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カロテンの関連キーワードトマトの栄養価は夏がピークビタミンA脂肪酸エステルたんにはシュンギクが効くβcaroteneビタミンA前駆体ゴールデンライスビタミン前駆体ビタミンA効力レチノール当量ゼアキサンチンカロテン過剰症カロチン過剰症カロテン血症クリソモナドチーズカラーカロテン当量抗栄養因子βカロテンレチノール緑黄色野菜

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カロテンの関連情報