コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンタン カンタン Oecanthus longicauda; Japanese tree cricket

3件 の用語解説(カンタンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンタン
カンタン
Oecanthus longicauda; Japanese tree cricket

直翅目コオロギ科 (またはカンタン科) 。体長 11~15mm。体は淡黄緑色で細長く平たく,弱々しい感じがする。頭部は小さく,前胸背は長い。前翅は長く,透明で,雄では大きな発音鏡がある。後翅は細長く尾状に突出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カンタン

直翅(ちょくし)目コオロギ科の昆虫の1種。体長13mm内外,白色に近い黄緑色で弱々しい。北海道を除く日本各地に分布。卵で越冬。成虫は8月〜晩秋まで見られ,草むらにすみ,ルル……と切れ目のない美しい声で鳴く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンタン
かんたん / 邯鄲
tree cricket
[学]Oecanthus longicauda

昆虫綱直翅(ちょくし)目コオロギ上科カンタン科に属する昆虫。淡い黄緑色ないし黄褐色を帯びた、平たい中形のコオロギ。秋の鳴く虫の代表種で、体長11~15ミリメートル、翅端まででは23ミリメートル内外。頭部は小さく、触角は長い。体は細長で、腹部をはねが覆っている。前翅は雄では幅広く楕円(だえん)形で、薄くて半透明、雌の翅脈は単純で翅幅は狭い。雌雄ともに後翅は前翅より長めである。雌の産卵管は黒褐色で長く棒状を呈し、その先端は太く終わり、末端に歯を備えている。成虫は8~11月に出現する。マメ科植物やヨモギなどの葉上に好んですみ、雄は昼間から前翅を立て、左右をこすり合わせてやや甲高いルルルル……という連続音を発する。雄の鳴き声に雌が誘引されると、ついで雄は後胸背部にあるハンコック腺(せん)からフェロモンを出し、雌を背上にのせ、これを雌になめさせながら交尾する。日本全土、朝鮮半島、樺太(からふと)(サハリン)、沿海州などに分布する。平地から山地にかけて生息する。類似種にタイワンカンタンO. indicusがおり、これは本州以南に分布する。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンタンの関連キーワードエンマコオロギアリヅカコオロギオカメコオロギ閻魔蟋蟀蟋蟀阿亀蟋蟀石川県加賀市山中温泉こおろぎ町カンタン(邯鄲)コオロギ(蟋蟀)マダラスズ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンタンの関連情報