カンタン(英語表記)Oecanthus longicauda; Japanese tree cricket

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンタン
Oecanthus longicauda; Japanese tree cricket

コオロギ科 (またはカンタン科) 。体長 11~15mm。体は淡黄緑色で細長く平たく,弱々しい感じがする。頭部は小さく,前胸背は長い。前翅は長く,透明で,雄では大きな発音鏡がある。後翅は細長く尾状に突出する。後肢は細長く,腿節はあまり肥大しない。雌の産卵管は黒色で長く,末端に歯列がある。成虫は8~11月頃草の上で「るるるる」と連続音で鳴き,鳴く虫として最も珍重される。北海道,本州,四国,九州,朝鮮に分布する。 (→コオロギ , 直翅類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カンタン

直翅(ちょくし)目コオロギ科の昆虫の1種。体長13mm内外,白色に近い黄緑色で弱々しい。北海道を除く日本各地に分布。卵で越冬。成虫は8月〜晩秋まで見られ,草むらにすみ,ルル……と切れ目のない美しい声で鳴く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンタン
かんたん / 邯鄲
tree cricket
[学]Oecanthus longicauda

昆虫綱直翅(ちょくし)目コオロギ上科カンタン科に属する昆虫。淡い黄緑色ないし黄褐色を帯びた、平たい中形のコオロギ。秋の鳴く虫の代表種で、体長11~15ミリメートル、翅端まででは23ミリメートル内外。頭部は小さく、触角は長い。体は細長で、腹部をはねが覆っている。前翅は雄では幅広く楕円(だえん)形で、薄くて半透明、雌の翅脈は単純で翅幅は狭い。雌雄ともに後翅は前翅より長めである。雌の産卵管は黒褐色で長く棒状を呈し、その先端は太く終わり、末端に歯を備えている。成虫は8~11月に出現する。マメ科植物やヨモギなどの葉上に好んですみ、雄は昼間から前翅を立て、左右をこすり合わせてやや甲高いルルルル……という連続音を発する。雄の鳴き声に雌が誘引されると、ついで雄は後胸背部にあるハンコック腺(せん)からフェロモンを出し、雌を背上にのせ、これを雌になめさせながら交尾する。日本全土、朝鮮半島、樺太(からふと)(サハリン)、沿海州などに分布する。平地から山地にかけて生息する。類似種にタイワンカンタンO. indicusがおり、これは本州以南に分布する。[山崎柄根]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カンタンの関連情報