カーディガン(英語表記)Cardigan

翻訳|cardigan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーディガン
Cardigan

イギリスウェールズ西部,セレディジョン南西部の町。ウェールズ語では Aberteifi。カーディフの西北西約 125km,カーディガン湾に注ぐタイビ川の河口から約 5km上流の沿岸にある。12世紀建造のノルマン人の城を中心に形成された町で,タイビ川にかかるアーチ橋は 1136年にさかのぼるといわれ,1176年には城で最初のアイステズボド Eisteddfod(ウェールズの芸術祭)が開かれ,3万人もの人が参加したと伝えられる。1284年に最初の勅許状を得て市場町として発展。港は 19世紀まで小規模ながらアイルランドとの交易を行なう海港として繁栄した。近くに美しい海岸やタイビ川の谷があり,今日ではおもに観光・保養地として発展している。人口 4203(2001)。

カーディガン
cardigan

前開きでデザインの単純なボックス型のニットウエアジャケット。本来ボタンつき,襟なしで,襟まわりは丸形またはV字形で,前開きと襟まわりは続けて帯状にトリミングされる。通常長袖であるが,婦人子供服には半袖のものもある。語源は 19世紀後半,クリミア戦争でイギリスのカーディガン伯爵がこの型のジャケットを着たことによるという。着脱が容易で,着衣して楽であることなどが一般に好まれ,また,形が単純であることなどが既製服を生産しやすくし,20世紀の代表的な一つの衣服形態となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カーディガン

毛糸編みのジャケット。前はボタンがけで,衿(えり)は丸またはV字形。長袖(ながそで)が多い。男女とも家庭着からおしゃれ着まで広く用いられる。19世紀英国のカーディガン伯7世が愛用した短い軍服ジャケットにちなんでこの名がある。
→関連項目セーター

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

カーディガン

カーディガン伯(Earl of Cardigan)▼前ボタン開きの毛編みのセーター「カーディガン」は、第七代カーディガン伯ジェームズ・トマス・ブルードネル(一七九七~一八六八)が愛用したことに由来する。つむじ曲がりで横柄な男だったが、一八二四年に英国陸軍に入隊し、その後は金の力で出世して将軍にまでなった。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カーディガン【Cardigan】

イギリス,ウェールズ南西部,ダフェード州の中心都市。1974年までは旧カーディガン州の州都。ウェールズ語ではアバータイビーと呼ばれる。人口4180(1981)。カーディガン湾南部に注ぐタイビー川の河口近くに位置し,19世紀までは沿岸貿易で栄えたが,現在は周辺地域の毛織物業や酪農,また交通・観光の中心地にすぎない。最初の城は1093年にノルマン貴族により建設され,エドワード1世時代の1284年に自治都市となった。

カーディガン【cardigan】

毛糸で編まれたジャケットの一種。日常着として男女ともに広く着用される。襟なし袖つき,前開きでボタン留めにするのが一般的。クリミア戦争の名将として知られるイギリスのカーディガン伯爵J.T.Brudenell,7th Earl of Cardiganが着用していた,短い軍服のジャケットにちなんで名付けられた。【池田 孝江】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カーディガン【cardigan】

〔考案者であるイギリスのカーディガン伯爵の名前から〕
毛糸編みまたはニットで作る、襟のない前あきの上着。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カーディガンの関連情報