コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガクアジサイ(額紫陽花) ガクアジサイHydrangea macrophylla f.normalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガクアジサイ(額紫陽花)
ガクアジサイ
Hydrangea macrophylla f.normalis

ユキノシタ科の落葉低木。房総,三浦,伊豆半島,紀伊半島南部,小笠原諸島などに自生する。幹は群生して高さ 2mぐらいになり,よく分枝する。葉は対生し,葉身は大きく広倒卵形で縁に鋸歯があり,質は厚く表面に光沢がある。6~7月,大型の集散花序をつけ,そのまわりに萼片花弁状に変化した少数の白色またはわずかに紫色を帯びた装飾花と,花序中央に多数の淡青紫色の両性花を開く。両性花は萼片,花弁ともに5枚,おしべは 10本。園芸品種であるアジサイ (紫陽花) の原種といわれ,観賞用として庭園にもよく植えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ガクアジサイ(額紫陽花)の関連キーワードテマリバナ(手毬花)