コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガマズミ ガマズミ Viburnum dilatatum

4件 の用語解説(ガマズミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガマズミ
ガマズミ
Viburnum dilatatum

スイカズラ科の落葉低木。日本各地の山野に自生し,庭木にも植える。高さ 1.5~2.5mになる。葉は広倒卵形か円形で浅い鋸歯をもち,長さ3~12cmである。葉や茎に毛が多く,裏面の基部に腺点がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガマズミ

北海道南部〜九州,東アジアの山野にはえるスイカズラ科の落葉低木。全体にあらい毛がある。葉は対生し,広倒卵形で先はとがり,縁には不同の鋸歯(きょし)がある。夏,その年伸びた枝先に多数の白花を散房状につける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガマズミ【cranberry tree】

山野に普通にみられるスイカズラ科の落葉性低木(イラスト)。赤く熟した実を子どもが食べる。枝は柔軟性があり,しかも強靱で折れにくいため,道具類の柄にする。また枝をねじって薪をたばねるのに使ったり,かんじきの材料とする。魔よけになるとして杖にする地方もある。和名の由来はよくわかっていないが,ズミはすっぱい実の意味とする考えがある。高さ2~4m,よく分枝する。葉は対生し広卵形から円形,裏面には星状毛,単毛,腺点が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガマズミ
がまずみ
[学]Viburnum dilatatum Thunb.

スイカズラ科の落葉低木。高さ2~4メートル。花は初夏、多数集まって開き、特有のにおいを出すため、多くの虫が集まる。果実は球形、赤く熟し、酸っぱいが食べられる。枝は折れにくいため道具類の柄(え)とする。名はこれに由来するとされ、ガマは鎌(かま)で、ズミは酸っぱい実の意味であるとする。丘や山地に生え、北海道から九州、さらに朝鮮、中国に分布する。ガマズミ属は北半球の温帯から暖帯に、一部が熱帯高地、さらに南アメリカに分布し、約150種が知られるが、日本や中国を含めた東アジアが分布の中心である。花や実が美しく、サンゴジュ、ゴモジュ、ヤブデマリ、カンボク、ムシカリなど観賞用に植えるものが多い。果実は食べられるものが多く、樹皮を鎮静剤とし、葉を茶とする地方がある。[福岡誠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガマズミの関連キーワードスイカズラ科莢蒾忍冬接骨木鶯神楽胡麻木ツクバネウツギムシカリヤブデマリスイカズラ(忍冬)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガマズミの関連情報