コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガランティン ガランティンgalantine

翻訳|galantine

3件 の用語解説(ガランティンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガランティン
ガランティン
galantine

冷製肉料理の一種。鶏やうさぎを背から開き,骨と内臓を抜いた皮つき肉に,牛や豚のひき肉マッシュルームベーコン,玉ねぎなどを調味したものをたっぷりと詰め,皮と皮を縫合せ,布で巻いて蒸し煮または蒸し焼にする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ガランティン(〈フランス〉galantine)

《「ガランティーヌ」とも》西洋料理の一。鶏やカモなどを皮つきのまま広げ、ひき肉と香辛料を合わせたものなどを巻き込んで、ブイヨンでゆでるか蒸し焼きにした料理。冷やし、輪切りにして食べる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガランティン
がらんてぃん
galantine

語源はフランス語ガランgalant(優美な)にあるという。家禽(かきん)、野禽獣の骨を除いた肉に詰め物を入れて丸く巻き、ゼラチン質の多いだし汁で煮た料理のことで、上品な味と、飾り付けの美しさに特徴がある。
 若鶏(わかどり)を例にとって作り方を説明すると、まず若鶏を皮付きのまま背から開く。骨や臓物を全部除いて正方形に広げ、肉の厚さを平均にする(厚いところをそいで、薄いところにのせる)。詰める材料は、子ウシやニワトリのひき肉をさらにすり鉢ですって粘りを出したのち、パナード(パン粥(がゆ))でつなぎ、生クリーム、卵を加えて調味する。この詰め肉を開いた鶏肉の上に塗り付け、その上に細切りにした牛舌の塩漬け、豚背あぶらの塩漬け、ゆでた鶏レバー、ハム、火を通したシイタケや、塩漬けオリーブ、ピスタチオ・ナッツなどを、できあがりの切り口が美しく見えるように並べる。これを皮で巻き込む。冷製料理にするときは、この外側をさらにふきんで巻いて、両端と中央部3か所くらいを凧(たこ)糸でしっかり縛る。これをブイヨンの中で50分くらいゆでる。冷やして厚さ1.5センチメートルくらいの輪切りにして、ソースやゼリーをかけて仕上げる。[小林文子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガランティンの関連情報