ガン条約(読み)がんじょうやく

日本大百科全書(ニッポニカ)「ガン条約」の解説

ガン条約
がんじょうやく

一八一二年戦争(イギリス・アメリカ戦争)の講和条約イギリス・アメリカ条約ともいう。米英間の戦争開始直後から、ロシアの仲介などにより和平への道が探られていたが、13年11月14日にイギリスが直接交渉を提案、アメリカ合衆国もこれを受諾して、翌14年の後半、ベルギーのガン(ヘント)で和平交渉が行われた。合衆国のおもな要求であった強制徴募の廃止は見込みなしとして早々に撤回されたが、イギリス側は、インディアン保護のための緩衝地帯の設置を含む多くの要求を提出、合衆国はこれを拒否した。さらにイギリスの現有状態維持の原則の主張も、10月中旬のモントリオールに近いシャンプレーン湖上でのイギリス軍敗北の報によって合衆国側に拒否され、交渉は行き詰まった。しかし、長年の戦争によるイギリス経済の疲弊や、五大湖地方の制覇なしには決定的勝利はありえないというウェリントン公爵の意見により、結局、戦争以前の国境線に戻すことで合意をみた。14年12月24日に調印されたこの条約では、戦争の原因となった強制徴募や中立国の権利などについてはまったく触れられず、敵対行為の終結、カナダと合衆国との国境線を定めるための委員会の設置、米英両国が奴隷貿易廃止のために努力することなどが決められたにとどまり、両国間の問題はなにも解決されなかった。

[竹本友子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「ガン条約」の解説

ガン条約
ガンじょうやく
Treaty of Ghent

①1576年に成立した,オランダ独立戦争中の同盟条約
②1814年に成立した,米英戦争の停戦条約
ネーデルラント17州全部が民族的・宗教的差別をこえて同盟したが,新旧両教の対立はとけず,スペイン離間策盟約はもろくもくずれ,北部7州のユトレヒト同盟が成立した。
戦闘の停止,合衆国の北東部国境確定のための委員会の設置などを主内容とするが,戦争の原因である中立権・不法封鎖・水兵徴発問題などには触れず,両国関係は改善されなかった。なお,通信不備のため,翌年1月まで戦闘が続いた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ガン条約」の解説

ガン条約
ガンじょうやく
Treaty of Ghent

1812~14年のアメリカ=イギリス戦争を終結させた条約。 14年 12月 24日締結。イギリス,アメリカの両国は主張の対立を残したまま,戦闘の停止と占領地の返還などを規定した。カナダ国境の画定のために委員会が設置され,その報告の結果 18年にはロンドン協定が結ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報