コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キアロスクーロ キアロスクーロ 〈イタリア〉chiaroscuro

4件 の用語解説(キアロスクーロの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

キアロスクーロ(〈イタリア〉chiaroscuro)

《明暗の意》
絵画の明暗法。光と影との微妙な対照効果によって立体感を出すこと。陰影法。
明暗効果を主要な表現方法とした単彩画。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

キアロスクーロ【chiaroscuro[イタリア]】

(1)明暗法。絵画,素描,版画などで光によってつくられる物体の明部と暗部および投影を再現し,凹凸や立体感を与えるための技法とその効果を指す。古代ギリシア以来散見されるが,ルネサンス以後には必須の表現技法となる。レオナルド・ダ・ビンチによるスフマートをつくる柔らかな光,カラバッジョによる強烈な明暗の対比を生む照明法など,光の性格も考慮する必要がある。単に凹凸表現の技法としてでなく,画面表現として暗部効果が強調されるときにはテネブリスムténébrismeと呼ばれることがあり(例,J.deリベラ),また繊細な輝きの効果に対してリュミニスムluminismeなる言語が用いられる場合(例,ワトー)もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

キアロスクーロ【chiaroscuro】

絵画において、光と影の明暗の段階的対比によって立体感を表す方法。明暗法。明暗効果。
明暗の調子だけで描いた単色の絵や素描。単彩明暗画。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キアロスクーロ
きあろすくーろ
chiaroscuro

イタリア語の「明るいchiaro」と「暗いoscuro」の2語を合成した絵画用語。17世紀の美術史家バルディヌッチ(1624―96)が、明暗の効果を単色だけで表現した絵画を意味することばとして用いた。したがって本来は、油絵の制作過程における彩色前の明暗の調子だけで描かれた絵、あるいは単色で仕上げた明暗表現による淡彩素描をさす用語であった。しかし、やがて絵画の重要な構成要素である「明暗法」そのものを意味するようになった。キアロスクーロの淡彩素描を模倣複製する木版画の技法が、16世紀初頭のイタリアで創案され広く流布したが、このような木版画の技法あるいは作品をキアロスクーロ版画とよんでいる。[長谷川三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキアロスクーロの言及

【明暗法】より

…暗部(陰影部)と明部のコントラストによって,物体の立体感と画面内の空間の雰囲気を描出する。イタリア語そのままにキアロスクーロchiaroscuro(〈明・暗〉または〈光・影〉の意)ともいう。 アルベルティは《絵画論》の中で,光(明)は白,影(暗)は黒で表され,もっともすぐれた画家は白と黒で現実感を出せると述べ,古代ギリシアのニキアスとゼウクシスをその創始者とした。…

【版画】より

…18世紀末にイギリス人のビウィックが木口木版挿絵に成功し,銅版画と同じような精巧な描写が可能になり,小型の木片を組み合わせることによって大きさも自由に調節して新聞,雑誌や書物などの挿絵にも用いられた。なお色刷版画は16世紀初めにドイツやアルザス地方で4枚から7枚ほどの版木(板目)によって陰影法を表現するカマイユまたはキアロスクーロと呼ばれる木版画がつくられ,ベネチアのカルピHugo da Carpi(1450か80‐1520)らの名が知られている。17世紀初めまでフランドルでも行われたこれらの技法は壁紙印刷などに伝えられていく。…

【明暗法】より

…暗部(陰影部)と明部のコントラストによって,物体の立体感と画面内の空間の雰囲気を描出する。イタリア語そのままにキアロスクーロchiaroscuro(〈明・暗〉または〈光・影〉の意)ともいう。 アルベルティは《絵画論》の中で,光(明)は白,影(暗)は黒で表され,もっともすぐれた画家は白と黒で現実感を出せると述べ,古代ギリシアのニキアスとゼウクシスをその創始者とした。…

【木版画】より

…U.グラーフは線を白く残す拓本のような木版画もつくる。これらの地域で16世紀初頭にキアロスクーロという4ないし6枚の灰・青・褐色調の同系の色版によって立体感を表す版画が考案され,イタリアやフランドルでも17世紀初頭までつくられた。18世紀の色刷り版画の開発期にイギリスのジャクソンJohn Baptist Jackson(1701‐54ころ)がこれを改良し,多色刷り複製版画を志したが,必ずしも成功しなかった。…

※「キアロスクーロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キアロスクーロの関連キーワードコック素描筆触明暗法今摺りコンクール後刷素書明暗灯旭正秀

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キアロスクーロの関連情報