コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キプチャク・ハーン国 キプチャクハーンこく

百科事典マイペディアの解説

キプチャク・ハーン国【キプチャクハーンこく】

欽察汗国,金帳汗国とも。南ロシアのモンゴル王朝。始祖はチンギス・ハーンの長子ジュチ。その子バトゥがロシア遠征後,ボルガ川流域のサライを首都として建国。版図は,東はイルティシ川流域から西はドニエストル川,南はカフカスシル・ダリヤ川中流域に及んだ。
→関連項目イワン・カリタウズベク[人]四ハーン国ホラズムロシア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

キプチャク・ハーン国の関連キーワードドミトリー・ドンスコイアストラハン・ハーン国アーバーカー・ハーンシル・ダリヤ[川]ドニエストル[川]カザン・ハーン国タタールのくびきイルティシ[川]クリム・ハーン国イワン・カリタモスクワ大公国バトゥ(抜都)イル・ハーン国トベーリ公国モンゴル帝国フェオドシアボルガ[川]クリコボの戦マリニョリノガイ族

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android