キプチャク・ハーン国(読み)キプチャクハーンこく

百科事典マイペディアの解説

キプチャク・ハーン国【キプチャクハーンこく】

欽察汗国,金帳汗国とも。南ロシアのモンゴル王朝。始祖はチンギス・ハーンの長子ジュチ。その子バトゥがロシア遠征後,ボルガ川流域のサライを首都として建国。版図は,東はイルティシ川流域から西はドニエストル川,南はカフカスシル・ダリヤ川中流域に及んだ。250年にわたってロシア人を支配(ロシア史上〈タタールのくびき〉と呼ぶ)。1502年モスクワ大公国に滅ぼされた。→モンゴル帝国
→関連項目イワン・カリタウズベク[人]四ハーン国ホラズムロシア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android