キャッチャーボート(英語表記)catcher boat

大辞林 第三版の解説

キャッチャーボート【catcher boat】

捕鯨母船に従って直接鯨をとる仕事に従事する船。船首に捕鯨砲を備える。捕鯨船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

キャッチャーボート

クジラ漁獲用の船。近海捕鯨用のものは200〜400トン,遠洋母船式捕鯨団に付属するものは400〜900トン。特徴は,捕鯨砲船首に備え,マストを高くして見張所を設け,クジラを追うために速力が速く,小回りできるように舵(かじ)ききをよくし,両玄を低くし曳鯨(えいげい)用の設備を設けていることなど。
→関連項目捕鯨船捕鯨母船

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャッチャーボート
きゃっちゃーぼーと
catcher boat

(げい)類を捕獲する漁船で、いわゆる捕鯨船をさす。英語では、catcherともいう。船の大きさは、捕鯨母船に随航して南極海や北洋海域など遠洋に出漁するキャッチャーボートは400~900トン級、日本近海の捕鯨に従事するキャッチャーボートは200~400トン級、沿岸用の小型キャッチャーボート(ミンク船ともよぶ)は10~30トン級である。
 船型は一層甲板の船尾機関型で、船首楼(前橋楼)は高くつくられ、船首部に捕鯨砲を装備している。捕鯨砲の下側前方に円形の綱操台があり、砲に装填(そうてん)された銛(もり)に結着されている捕鯨綱(先綱)が約80メートル格納されており、銛を発射すると先綱も銛とともに飛ぶようになっている。銛が鯨に命中すると捕鯨綱を延長したり、これを巻き寄せるために5~6トン巻のウィンチを搭載する。捕獲した鯨を舷側(げんそく)(ブルワーク)に固定して曳航(えいこう)するため、舷側に曳鯨孔(えいげいこう)(ムーアリングホール)を複数あけてある。甲板上のマストには見張台(クロウスネスト)を設け、船橋と前橋楼(船首部)の間に通路(ガンナーブリッジ)が設けられている。
 キャッチャーボートは、荒天時でも航行しクジラを追尾・捕獲する必要上、高速で凌波(りょうは)性に富み、復原力や旋回能力も高い。捕鯨に反対する国際世論の高まりから、1988年(昭和63)で商業捕鯨は中止となったが、日本では調査の目的で南極海と北西太平洋でクロミンククジラなどの捕鯨を行っている。また、太地(たいじ)(和歌山)、網走(あばしり)(北海道)、鮎川(宮城)、和田(千葉)の4か所でツチクジラ、ゴンドウクジラなどの小形鯨類の捕獲が実施されている。[添田秀男・吉原喜好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

キャッチャー‐ボート

〘名〙 (洋語catcher boat 英語では単に catcher という) 捕鯨船団の中で、母船に従って直接捕鯨に従事する船。船首に捕鯨砲を置き、船速、方向転換に高性能を発揮できる。捕鯨船。キャッチャー。
※随筆たぬき汁(1941)〈佐藤垢石〉海㹠と河豚「僕の会社のキャッチャーボートが四五艘、〈略〉毎日金華山沖で盛んに捕鯨をやってゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のキャッチャーボートの言及

【独航船】より

…母船に付属して漁業を行う漁船をいい,母船にのせずに日本の基地から漁場に独航することから生じた名称である。各種の母船式漁業には独航船が付属しているが,母船式捕鯨業においては捕鯨船(キャッチャーボート)とよばれている。母船式サケ・マス流し網漁業における独航船は1船団に43隻付属しているが,すべて124トン型である。…

【捕鯨船】より

…捕鯨業で直接クジラをとる船。キャッチャーボートcatcher boatともいう。キャッチャーボートの大きさは南極海の母船式捕鯨に参加する800トン型のものから,近海捕鯨に従事する200~350トン型のものがある。…

※「キャッチャーボート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android