コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャフタ条約 キャフタジョウヤク

百科事典マイペディアの解説

キャフタ条約【キャフタじょうやく】

1727年露清間で締結された条約。モンゴル方面における両国の国境画定と国境付近における交易場の開設,ロシア隊商の北京通商などに関し取り決める。キャフタKyakhtaは当時ロシアが新設したモンゴル国境の交易場で,清朝側のアルタン・ブラクと相対する。
→関連項目雍正帝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キャフタじょうやく【キャフタ条約】

1727年(雍正5)露清間で結ばれた条約で,1860年(咸豊10)の北京条約に至るまで両国間関係の基本を規定した。キャフタ(恰克図)はこの条約により建設された町で,清朝側のアルタン・ブラク(買売城)と新国境をはさんだ位置にある。ロシアの東シベリア進出とともに,露清間には紛争が発生したが,1689年(康熙28)のネルチンスク条約で,アルグン川を国境とすることが決まり,公式交易も始まった。しかしモンゴル地区の国境は未画定であり,また交易も中断しがちであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

キャフタじょうやく【キャフタ条約】

1727年、清国とロシアとの間に結ばれた条約。外モンゴルとシベリア間の両国国境の画定および通商などを規定した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャフタ条約
きゃふたじょうやく

1727年に清(しん)とロシアが、ロシア、モンゴル国境にあるキャフタКяхта/Kyahtaで結んだ条約。ネルチンスク条約後、盛んになってきたロシアの北京(ペキン)貿易をめぐって紛争が起こったので、この問題を解決すると同時に、両国関係を全面的に調整した条約。交渉は北京および境界地域で行われ、1728年にキャフタで批准交換をした。代表はロシアのブラディスラビチ・ラグージンスキーと清の査弼納(チャビナ)ら。11か条からなる。要点は、次のとおりである。
(1)東はアルグン川、西はシャビナイ嶺(れい)にわたる境界(概略現在のロシア連邦とモンゴル国境)を画定し、ウディ川付近の境界は未画定のままとした。
(2)逃亡者の引き渡しと処罰。
(3)ロシアの北京貿易は4年に1回、人員は200名に限り、新たに国境のキャフタと満州国境のツルハイトゥに交易場を開く。
(4)北京にある会同館を専用の俄羅斯(オロス)館とし、ギリシア正教教会の設置と、聖職者および語学研究の留学生の滞在を認める。
(5)外交と通商を区別し、外交交渉はロシアの元老院(セナート)と清の理藩院の間で行う。
 この条約の締結後、北京貿易は衰退し、キャフタ貿易が隆盛になった。1768年には逃亡者の処罰を規定した第10条が改定され、1860年の北京条約によってキャフタ条約は廃棄された。[吉田金一]
『吉田金一著『近代露清関係史』(1974・近藤出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キャフタ条約の関連キーワードアルタンブラクカシュガル界約外モンゴルツェリン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android