キラウエア火山(読み)きらうえあかざん(英語表記)Kilauea Volcano

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キラウエア火山
きらうえあかざん
Kilauea Volcano

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火山で、ハワイ・ボルケーノズ国立公園(1916年指定)になっている。
 頂部には、陥没で生じた径約3キロメートルのカルデラがあり、中央部には「ペレー(火山の女神)の宮殿」と称される径約1キロメートルのハレマウマウ火口がある。この火口は、1823~1924年にはほぼ常時噴火を続け、溶岩湖が絶えず存在したが、以後もしばしば噴火。また、この山頂火口から南西および東に延びる隆起した弱線(リフトゾーン)から割れ目噴火が頻繁におきる。1983年からは東リフトゾーンでほぼ連続して噴火がおこっている。溶岩は広く南の海岸まで埋めつくし、海岸線を前進させた。噴出時の溶岩の温度は1100~1200℃程度で、ごく流動性に富むため、激烈な爆発はほとんどおこらず、溶岩噴泉、溶岩流を生じ、溶岩湖もよく出現する。割れ目噴火では、溶岩噴泉が数珠(じゅず)つなぎ、ないし連続的に数キロメートル以上も連なることが多く、「火のカーテン」とよばれる。
 キラウエア火山の噴火は観光的価値が大きいが、ときにはおもに溶岩流で被害を生じ、1960年の山麓での噴火では、日系人が大半を占めるカポホ町が全焼した。また、溶岩流入で新しく形成された海岸部が崩壊する災害も、ときどきおきている。山頂カルデラの縁にあるハワイ火山観測所は1912年に創設され、世界でもっとも充実した総合的な火山観測所の一つである。[諏訪 彰・中田節也]
『白尾元理著『火山とクレーターを旅する――地球ウォッチング紀行』(2002・地人書館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

キラウエア火山

米国ハワイ州のハワイ島南東部に位置する活火山。傾斜の緩やかな楯状火山で、標高は約1250メートル。およそ30~60万年前に火山活動が始まったとされ、有史以来、数多くの噴火が記録されている。1983年に始まった噴火は2014年現在も続いており、断続的に溶岩流を噴出させている。キラウエア火山を含むハワイ火山国立公園は1987年にユネスコの世界自然遺産に登録され、ハワイ島を代表する観光地となっている。

(2014-10-31)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キラウエア火山の関連情報