コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キーセン(妓生) キーセン Ki saeng

2件 の用語解説(キーセン(妓生)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キーセン(妓生)
キーセン
Ki saeng

歌舞,文芸に長じた朝鮮の芸妓の総称。宮中に属した妓生を官妓という。官妓は高麗の八関燃灯会に女楽を加えたのが始りといわれる。その女楽をのちに唱妓戯といい,李朝では官妓といった。その源流は,新羅の花郎の源花 (ウオンファ) や百済の流民水尺 (スチョク) であるともいうが定かでない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キーセン(妓生)【キーセン】

朝鮮で高麗以降,官婢として雑歌,歌曲,パンソリなどの歌舞を売った芸妓。妓生の職は〈奴婢随母法〉により母から娘へと継承されたが,巫家系の女性や反逆罪人の婦女子,良家から売られた娘などが妓生に転ずる場合もあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

キーセン(妓生)の関連キーワード伎芸天官妓健士火計山猫芸妓韓国併合で日本に渡った朝鮮人朝鮮作家同盟《文芸に関する意見》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone