コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンケイ ギンケイ Chrysolophus amherstiae; Lady Amherst's pheasant

2件 の用語解説(ギンケイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギンケイ
ギンケイ
Chrysolophus amherstiae; Lady Amherst's pheasant

キジ目キジ科。雄は非常に美しく,頭上,胸部,背は金属光沢のある濃緑色で黒い鱗状斑がある。後頭部には赤い冠羽があり,後頸部は白地に黒い鱗状斑がある。腰は黄金色と緑色の斑状で,さらに黄,赤,白,黒色で彩られた長い飾り羽が伸びている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギンケイ
ぎんけい / 銀鶏
lady Amherst's pheasant
[学]Chrysolophus amherstiae

鳥綱キジ目キジ科の鳥。雄は全長1.5メートル、緑、青、白、赤などからなる非常に美しい羽色をしている。雌は全長70センチメートル、全体に褐色のじみな鳥。中国南西部の標高800~3300メートルの山地に生息している。詳しい生態はわかっていないが、低木林、竹林、森林などにすみ、地上を移動しながら、植物の種子や小動物を食べていると思われる。秋・冬季には20~30羽の群れになる。地上に皿形の簡単な巣をつくり、淡褐色の卵を7~10個ほど産む。キンケイ同様、世界各地で飼育されているが、飼育、増殖はキンケイほど容易ではない。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のギンケイの言及

【キンケイ(金鶏)】より

…22日抱卵する。近縁のギンケイ(銀鶏)C.amherstiae(イラスト)は尾はキンケイよりさらに長い。中国南西部の山岳地帯に分布し,飼鳥としても著名である。…

※「ギンケイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギンケイの関連キーワード高麗雉山鶏山鶉木虱激甚帝雉キンケイ(金鶏)キジ(雉)シャコ(鷓鴣)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone