コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンナン

栄養・生化学辞典の解説

ギンナン

 イチョウ目イチョウ科の落葉樹[Ginkgo biloba]の種子.食用にする.⇒イチョウ

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

食の医学館の解説

ギンナン

《栄養と働き&調理のポイント》


 中国原産のイチョウの木の実です。生命力の強い植物として知られ、中国では子孫繁栄を願って結婚式の日に、新郎新婦がギンナンを食べる習慣があるといいます。
○栄養成分としての働き
 主成分は糖質で、脂質はあまり含まれていません。種実類にはめずらしく、カロテンとビタミンCが多く含まれています。
 カリウムも豊富なので、すぐれた供給源として利用できます。カリウムは、とりすぎたナトリウムを体外に排出し、ナトリウムによる血圧上昇を防ぎます。これにより、高血圧予防に有効です。
 ギンナン特有の成分にギンコライドがあります。
 血栓(けっせん)を防止して生活習慣病を予防するほか、脳の働きを活性化し、ぼけを予防します。
○漢方的な働き
 漢方では、滋養強壮、せき止め、ぜんそくの改善に用いられています。膀胱(ぼうこう)をあたため、尿意を抑える働きがあることから、夜尿症(やにょうしょう)の治療などに利用されています。
 せきや気管支炎には、煎(い)ったギンナンを水煮したものを食べるといいでしょう。
 頻尿(ひんにょう)夜尿症には煎ったギンナンを毎日5~6個食べるのがよいとされています。
○注意すべきこと
 食べすぎるとアルカロイドの毒成分が消化不良を起こさせるので要注意。大人は1日10個、子どもは5個以内にとどめましょう。

出典 小学館食の医学館について 情報

ギンナンの関連キーワードアカバギンナンソウ(赤葉銀杏草)漢方的にみた病気と食べものの関係のどの痛み、せきにはこれが効くかぜに効く、手軽な漢方レシピギンナンソウ(銀杏草)外耳炎・中耳炎・内耳炎かぜ・インフルエンザアレルギー性結膜炎排尿困難・残尿感茶碗蒸し・茶碗蒸アレルギー性鼻炎祖父江ぎんなん愛知県稲沢市ギンナンソウコブコケムシ銀杏・公孫樹頻尿・尿失禁ピスタチオいなっピーツノマタ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギンナンの関連情報