コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クアンガイ クアンガイQuang Ngai

4件 の用語解説(クアンガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クアンガイ
クアンガイ
Quang Ngai

ベトナム中部,クアンガイ省の省都。ホーチミン市の北北東約 540km,南シナ海に注ぐチャクック川の最下流部南岸にある。周辺に産するサトウキビ,米,トウモロコシなどの農産物や,石墨,塩などを集散し,製糖,製糸などの工業が立地する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クアン‐ガイ(Quang Ngai)

ベトナム中部、クアンガイ省の都市。同省の省都。南シナ海に注ぐチャクック川の河口に位置する。首都ハノイホーチミンを結ぶ幹線道路、鉄道が通る。周辺ではサトウキビ、米、トウモロコシを産する。チャンパー王国時代の遺跡が点在する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

クアンガイ【Quang Ngai】

ベトナム中部,アンナン海岸の都市。人口3万4000(1989)。同名省の省都。西方に高いアンナン山脈をひかえ,チャクック川の下流に位置するが,港としては利用できない。しかし鉄道や国道の要点である。周辺には15世紀にベトナム人の南下によって滅ぼされたチャンパ王国の遺跡が多い。近隣に産するタバコ,茶,トウモロコシなどの集散地である。【別技 篤彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クアンガイ
くあんがい
Quangngai

ベトナム中部、クアンガイ省(人口119万。1999)の省都。人口3万4402(1989)。南シナ海に面し、チュアキュック川の右岸に位置する。国道1号線とハノイホー・チ・ミン線(鉄道)が通じる。付近ではサトウキビ、タバコ、茶、塩などを産する。チャム人の遺跡など名所・旧跡が多い。西方は山地でコントゥム省にかけて山地民族がいる。[菊池一雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クアンガイの関連情報