コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイナモドキ Mesitornithidae; mesites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クイナモドキ
Mesitornithidae; mesites

クイナモドキ目クイナモドキ科の鳥の総称。以前は形態上の類似からツル目に分類されていた。ムナジロクイナモドキ Mesitornis variegatus,クリイロクイナモドキ M. unicolor,メスアカクイナモドキ Monias benschi の 3種からなる。全長 25~30cm。赤褐色,褐色,灰色,黒色などの地に明暗の斑のある地味な羽色をしている。は退化して短く,飛翔力がきわめて弱いため,おもに地上で生活している。,脚はやや長めだが,低木の茂みや森林に生息しているので,趾(あしゆび)は湿地のぬかるみなどに暮らすクイナ類と違って長くはない。サギ類やハト類などに見られる粉綿羽という崩れて粉になる羽毛が生えている。この粉は羽毛にこすりつけ,防水や汚れ防止に使われる。独特の動物相が見られるマダガスカル島の固有種である。なお,メスアカクイナモドキは,雌が雄よりやや大きく,羽色も鮮やかで,繁殖期における雌雄の生態が普通の鳥とは異なり,一妻多夫制で,雄が抱卵,育雛にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クイナモドキ
くいなもどき / 秧鶏擬
mesiteroatelo

鳥綱ツル目クイナモドキ科に属する鳥の総称。この科Mesitornithidaeはマダガスカル島の特産で、2属3種が含まれる。全長25~30センチメートル。3種ともツグミよりやや大きめの褐色ないし灰色がかった鳥で、森林や低木林につがいか小群ですみ、地上で生活する。飛ぶことは多少できると思われるが、追われたときでもめったに飛ぶことはなく、走って逃げる。食物は地上の種子と昆虫類である。低木や若木の低い枝の上に、小枝を集めて皿形の巣をつくり、産座にはごくわずかの葉や枯れ草を敷くだけで、1腹1~3個の卵を産むが、繁殖の詳細はまだわかっていない。また鳴き声についても確かな記録がない。この科はツル目に分類されるが、類縁関係もはっきりしていない。[森岡弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クイナモドキの関連キーワードMonias benschiクイナモドキ(秧鶏擬)秧鶏擬

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android