コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサシギ Tringa ochropus; green sandpiper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサシギ
Tringa ochropus; green sandpiper

チドリ目シギ科。全長 20~24cm。頭上,背,上面は暗緑色で細かい白斑があり,この斑は背と翼では目立っている。胸から腹と腰は白く,胸上部には暗緑色の縦斑がある。尾も白いが,灰褐色の横帯がある。脚は暗緑色。繁殖地は北極圏を除くユーラシア大陸北部で,スカンジナビア半島バルト海沿岸からロシア東部,中国北東部にかけて分布する。河川や湖沼などの近くの森に生息し,樹上の鳥の古巣や地面に積み上がった枯れ枝などの上に営巣する。繁殖後はヨーロッパ南部,サハラ砂漠を除くアフリカ中東,南アジア,中国東南部,フィリピンボルネオ島,日本に渡る。この時期はおもに内陸の河川や湖沼の沿岸,農耕地などに生息する。日本では,沿岸部および内陸部の湿地や沼地に春秋の渡りの時期に立ち寄るほか,本州以南で少数が越冬している。(→渉禽類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサシギ
くさしぎ / 草鷸
green sandpiper
[学]Tringa ochropus

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。ユーラシアの北部で繁殖し、冬になると南へ移動する。日本には旅鳥として訪れるが、そのまま冬の間すみつき冬鳥として過ごすものもある。全長約24センチメートル、翼長約14センチメートル、体の上面は灰黒褐色で腰と尾は白い。顔から胸にかけては灰黒色の縦斑(じゅうはん)が密にあり、腹部は白い。川岸、湖沼畔、水田などに単独か数羽でいることが多く、水際や浅瀬で小動物をあさる。尾を上下に振ることがあるが、イソシギほど著しくない。チュイイチュイチュイという澄んだ声を発して飛び立つ。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クサシギの関連キーワード高野伸二

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android