コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クチクラ cuticle

翻訳|cuticle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クチクラ
cuticle

生物体の表面を保護する堅い非細胞性の構造で,表層細胞(動物では上皮細胞,植物では表皮細胞)から分泌される。角皮ともいう。生物体を保護するのに役立つが,そのほか,水の発散を防いだり,逆に外囲からの水や物質の透過を調節するなど,生理的に重要な役割をしている。主成分物質としては植物のクチン cutin,昆虫のキチン chitinなどがある。髪の毛の表面を覆っている薄い細胞の層をさすキューティクルもクチクラと同意である。毛髪には角質化した蛋白質が鱗のように重なっており,健康な状態ではそれがきちんと並んでいるが,パーマやヘアダイ,紫外線などが原因ではがれ落ちてしまうことがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クチクラ(〈ラテン〉cuticula)

生物の体表にできる堅い膜。水分の放散を抑えたり、体を保護したりする。植物ではクチンろうなどからなり葉の表面に、動物では硬たんぱく質が主成分で昆虫甲殻類などの体表にみられる。角皮(かくひ)。キューティクル。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

クチクラ

キューティクル,角皮とも。動植物の体表をおおう細胞が外表面に分泌したかたい膜状構造。生物体を機械的に保護し,内部からの水の発散を防ぎ,外部からの物質の透入を調節する。
→関連項目海岸植物外骨格キチン表皮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

クチクラ

 (1) 卵殻の最も外側にある薄い膜.(2) 植物の角皮.(3) 皮膚の表皮の外側の膜.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クチクラ【cuticle】

角皮,キューティクルともいう。生物体の体表(動物では上皮細胞,維管束植物では表皮細胞からなる組織)の外表面に分泌される角質の層の総称。 水中生活をしている植物にはクチクラは発達しないが,陸上の植物ではクチクラがよく発達することによって,植物体を機械的に保護すると同時に,水が過度に発散するのを防いでいる。クチクラは生長点付近をはじめ,花や果実を含めて植物体の全表面を覆っており,成熟した部分ほど厚くなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

クチクラ【cuticula】

生物の体表の細胞(表皮細胞・上皮細胞)から分泌してできたかたい層の総称。体の保護・水分蒸散防止などに役立つ。植物では主にクチンおよび蠟ろうからなる。節足動物では、硬タンパク質を主成分とし、外骨格を形成する。角皮かくひ。キューティクル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クチクラ
くちくら
cuticle英語
Kutikulaドイツ語

生物体の最外層の細胞表面を覆う層状構造物をさす。角皮ともいう。植物ではクチンとよばれる脂肪酸の重合体が層状に分布してクチクラを形成し、水の蒸散を防ぐ。高等な植物ほど複雑な構造をもつ。一方、多くの無脊椎(むせきつい)動物の体表はガラス膜ともよばれるクチクラにより覆われる。とくに節足動物ではその発達は著しく、単に表層の細胞の機械的保護にとどまらず、動物の身体を支持する外骨格として働いている。昆虫のクチクラは、薄い外側の上クチクラと内側の細胞に接する厚い原クチクラの2層を基本構造としている。原クチクラは主として繊維状に配列するキチン(アセチルグルコサミンの重合体)と、この間を埋めるキノン硬化されたタンパク質(キノンの誘導体が、かすがいのようにタンパク質を結び付けている)からなり、強さと硬さをあわせもつ。上クチクラは、ろうのようなものなど水を通さない物質を多く含み、体内からの水の蒸散を妨げている。甲殻類では原クチクラにカルシウムが沈着していっそうの硬さを与えている。[竹内重夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクチクラの言及

【髪】より

…髪を顕微鏡で観察すると,その表面が屋根瓦状(毛尖のほうから毛根に向かって順に1枚ずつの瓦が積み重なるような)構造をなすのが認められる。このような屋根瓦状の髪表面部位をキューティクルcuticle(毛小皮)と称する。髪の基部,すなわち毛根には皮脂腺がつねに開口しており,髪の表面は脂性分泌物により潤されている。…

【脱皮】より

…節足動物など硬いクチクラで体表をおおわれた動物は,成長の過程で何回か古いクチクラを脱ぎ捨てなければならない。この過程を脱皮という。…

【葉】より

…シダ植物の葉も表皮の構造はよく似ているが,すべての細胞に葉緑体がある点で異なっている。表皮にはクチクラ層が発達しており,水分が過度に蒸散しないようになっている。表皮組織の下には長方形の細胞が密に整列した柵状組織があり,その内側には細胞間隙(かんげき)の発達した海綿状組織があって,それらの組織で光合成が行われる。…

【皮膚】より

…ウズムシ類,センチュウ類,ワムシ類など水生の小動物では,上皮細胞の表面に繊毛があり,水中での運動や食物粒子の摂取に役だっている。節足動物など陸上生活も行う動物では,上皮細胞の表面が細胞の分泌したクチクラでおおわれている。クチクラは,多糖類キチン質と硬タンパク質からなり,昆虫類などでは堅い外骨格を形成している。…

※「クチクラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クチクラの関連キーワード硬タンパク質多肉植物袋形動物環形動物扁形動物節足動物乾生植物有翅昆虫緩歩動物照葉樹林キチン質動吻類石灰化外果皮感覚子発光器甲殻気門陽葉脱皮

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android