コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマシ クマシ Kumasi

5件 の用語解説(クマシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマシ
クマシ
Kumasi

ガーナ中南部の都市。アシャンティ州の州都。アクラ北西約 200kmの丘陵地帯に位置。 17世紀アシャンティ王国の首都。 19世紀末イギリス支配下となり,1897年以降,近代的な都市づくりが開始された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クマシ(Kumasi)

ガーナ中部の都市。アシャンティ州の州都。同国第二の規模をもつ。古くから海岸部と内陸部を結ぶ交易路の中継地であり、17世紀にアシャンティ王国の首都が置かれた。カカオの集散地。周辺にはアシャンティ族の伝統的な建築物群があり、1980年に世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クマシ

ガーナ中央部,アシャンティ地方の主都。カカオ産地の中心で,商業,交通の要地。各種の工業も行われるアシャンティ王国の古都。大学(1951年創立)がある。117万270人(2000)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クマシ【Kumasi】

西アフリカのガーナ第2の都市。人口38万5000(1988)。首都アクラの北西約200kmの内陸にあり,アシャンティ州の州都である。この州はカカオの産地であるが,その集散地として道路が発達し,アクラおよびタコラディ港とは幹線道路と鉄道で結ばれている。商工業の中心であるほか,科学技術大学などの高等教育機関,博物館農業試験場がある。17世紀末にアシャンティ(アサンテ)王国が成立し,1700年頃にクマシがその王都として建設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマシ
くまし
Kumasi

西アフリカ、ガーナ中部にある同国第二の都市。アシャンティ州の州都で、同州の政治、経済、文化の中心地である。熱帯雨林地帯の標高300メートルに位置する。人口61万0600(2001推計)。17世紀にアシャンティ王国のオセイ・ツツによって建設され、同国の首都となり、現在のガーナ北部と南部海岸地方をつなぐ通商路にあたっていた。20世紀初頭イギリスの植民地となってから、ココア栽培の中心地として発展した。ガーナの伝統的な織物ケンテの生産地として知られ、クマシ科学技術大学がある。[中村弘光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クマシの関連キーワードアクライギリス領西アフリカ民族会議ガーナ西アフリカ諸国経済共同体ウィントフークアフリカーナーアフリカーナアフリカ舞舞アフリカの音イギリス領西アフリカ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クマシの関連情報