クレスピ・ダッダ(英語表記)Crespi d'Adda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレスピ・ダッダ
Crespi d'Adda

イタリア北西部,ロンバルディア州のアッダ川流域に建設された産業労働者のためのカンパニー・タウン (同業組合の町) 。 19~20世紀初頭,産業革命の進展とともに,よりよい労働条件を望む労働者の要求にこたえ,啓蒙的な事業家住居を提供する事例が数多くみられた。そうしたなかの一つで,赤煉瓦の屋根が続く美しい町並みが保存されている。家屋の一部は現在も産業利用されているが,地理的条件から産業人口は減少を続け,経済環境も悪化し存続が危ぶまれている。 1995年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クレスピ・ダッダ

イタリア北西部,ロンバルディア州,ミラノベルガモの中間に位置する町。この町は19−20世紀初頭,ヨーロッパ北アメリカで労働者に住居を提供するために産業資本家が建設したカンパニータウン(企業城下町)の一例。赤煉瓦の屋根の同じ形をした住宅が並ぶ。現在も一部が使用されているが,社会的・経済的変化から存続が危ぶまれている。1995年,世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android