クロイツフェルトヤコブ病(読み)クロイツフェルトヤコブビョウ

  • クロイツフェルトヤコブびょう ‥ビャウ
  • クロイツフェルトヤコブびょう〔ビヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

主に40歳代から発症し、大脳などの神経細胞に病変が起こって、認知症・人格変化・錯乱・運動失調などの症状を呈する病気。脳に沈着した異常型プリオンが原因とされる。ドイツの神経精神科医クロイツフェルト(H.G.Creutzfeldt)およびヤコブ(A.M.Jakob)が報告。CJD(Creutzfeldt-Jakob disease)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (クロイツフェルト‐ヤコブはCreutzfeld-Jakob) 蛋白感染粒子(プリオン)による神経病。多彩な神経症状に認知症が加わり急速に進行する。ドイツの神経精神科医H=G=クロイツフェルトとA=M=ヤコブが報告した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android