コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロウメモドキ クロウメモドキ Rhamnus japonica

4件 の用語解説(クロウメモドキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロウメモドキ
クロウメモドキ
Rhamnus japonica

クロウメモドキ科の落葉低木。山野に生え日本特産。雌雄異株。多数の枝を出し,短い枝はとげになる。樹皮はなめらかで無毛。葉は広倒卵形ないし狭倒卵形で鈍鋸歯をもち,下部の側脈は長く葉の上部まで達する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クロウメモドキ

北海道〜九州の山野にはえるクロウメモドキ科の落葉低木。小枝の先は鋭い針となり,葉は柄があって対生またはややずれてつき,短枝では数枚が集まってつく。葉身は卵〜楕円形で先がとがり,縁には鋸歯(きょし)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クロウメモドキ【Japanese backthorn】

山地に生えるクロウメモドキ科の落葉低木で,枝の先が変形したとげをもつ(イラスト)。葉は長枝に,ややずれた対生でつくか,短枝に束生し,倒卵形で微細な鋸歯があり,微小な托葉がある。雌雄異株。花は4~5月,長枝または短枝の鱗片の葉腋(ようえき)につき,淡黄緑色で小さい。果実は倒卵状球形の核果で黒く熟し,2~3個の小核をもつ。北海道,本州,四国,九州に分布。クロウメモドキの果実を乾燥したものは鼠李子(そりし)と呼ばれ,漢方で下剤として用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロウメモドキ
くろうめもどき / 黒梅擬
[学]Rhamnus japonica Maxim. var. decipiens Maxim.

クロウメモドキ科の落葉低木で変異に富む。枝は灰色、先に短枝が変形した鋭い刺(とげ)がある。葉は広倒卵形、長さ2~8センチメートル。花は黄緑色で、4~5月、当年に出た枝の基部に束状につく。果実は核果で黒く熟す。山地に生え、北海道から九州に分布する。変種エゾクロウメモドキは葉が大きく、裏面の脈の分岐点に毛があるもので、北海道と本州の日本海側に分布する。若葉を食用とする。漢方では干した果実を鼠李子(そりし)と称し、下剤とする。クロウメモドキ属は北半球を中心に約100種があり、日本には7種が分布する。同属のクロツバラは刺があってクロウメモドキに似るが、葉が長楕円(ちょうだえん)形で、雌雄異株である。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロウメモドキの関連キーワードクロウメモドキ科梅擬熊柳黒梅擬蔓梅擬浜棗黒つ薔薇米躑躅核太棗風鈴梅擬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone