クロマニョン人(読み)クロマニョンジン

デジタル大辞泉の解説

クロマニョン‐じん【クロマニョン人】

Cro-Magnon man》1868年、南フランスのクロマニョンの岩陰遺跡から発掘された化石現生人類。その後、ヨーロッパ、北アフリカ各地で発見された。3万5000~1万年前に生息し、頭が大きく現代人によく似ているが、身長はやや高い。文化的には、後期旧石器時代に属し、洞窟壁画などを残している。→新人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

クロマニョン人【クロマニョンじん】

第四紀上部洪積世,後期旧石器時代の化石現生人類。1868年フランス,ドルドーニュ県のクロマニョンCro-Magnonで老人など5体の人骨が発見され,以来ヨーロッパ南西部,北アフリカでも発見された。身長1.8m以上,長頭で,脳容積や頭骨の形は新人ホモ・サピエンス)に近い。→グリマルディ人

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クロマニョンじん【クロマニョン人 Cro‐Magnon man】

フランス,ドルドーニュのタヤク村付近にあるクロマニョンと呼ばれる岩陰遺跡から,1868年,ベーゼル川沿いに敷設された鉄道の工事中に発見された人骨群。トナカイ,マンモス,バイソンなどの哺乳類化石と多数のオーリニャック文化の人工遺物を伴出し,その地質年代はウルム氷期と推定されている。4体の成人骨のうち,第1号は熟年男性のほぼ完全な頭蓋と体肢骨,第2号,第3号はそれぞれ女性および男性の頭蓋冠と四肢骨,第4号は男性と推定される頭蓋の破片で,これ以外に第5号と命名された新生児の脳頭蓋,四肢骨破片と個体別不能の破片がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロマニョン人
くろまにょんじん
Cro-Magnon man

新人段階の化石人類。フランス南西部ドルドーニュ県レゼジー・ド・タヤック、ベゼール川のほとりにあるクロマニョン岩陰遺跡から、1868年、鉄道工事中の作業員により5体の人骨が発見され、フランスの地質学者ラルテL. Lartetが検証した。その後、ヨーロッパ各地から類似した骨が多数出土したため、フランスの人類学者カトルファージュJ. L. A. Quatrefagesは、これらをまとめてクロマニョン人種と命名した。形態的特徴は、180センチメートル前後の長身、頭が大きく、直顎(ちょくがく)で、頤(おとがい)がみられる。歯は小さい。旧人のような眼窩(がんか)上隆起や額の後退はみられず、乳様突起が発達している。このようにきわめて現代人に似ていたが、筋骨は強壮であったと思われる。若干の地方的変異を伴いながらヨーロッパ、北アフリカの各地に分布していた。年代は3万5000~1万年前。後期旧石器文化に属する工作物や、アルタミラ洞窟(どうくつ)などの壁画をはじめ、芸術的にも技術的にも優れた能力を示すところから、現生人類とほぼ同類の人類であると考えられている。[香原志勢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクロマニョン人の言及

【オーリニャック文化】より

…骨製尖頭器は幅広,基部割れ(第I期)から菱形平面形(第II期)となり,第III期から第IV期には断面形が楕円形から円形になる。この文化を担ったのは新人であり,クロマニョン人は有名である。造形美術を残した最古の文化でもあり,フェラシーFerrassie遺跡出土の刻画石灰岩が知られる。…

※「クロマニョン人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロマニョン人の関連情報